IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
IPO口座が少なく幹事を引受ける見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ むさし証券でIPOの当選を狙うには?
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



サウジアラムコIPOの市場は複数なの? 時価総額230兆円規模を展開

サウジアラムコIPOの市場は複数になる可能性があるのか?
サウジアラムコについてはNY市場やロンドン市場への上場が強いとも言われていますが、日本誘致の話もあり結局は決まってないみたいです。
 


 

史上最大のIPOとも言われているため、各市場の起爆剤になると言われていますが、規模が大きいためどうなるのか予想もできません。
ただ失敗するようなことは無いだろうから、各市場も国をあげて取り組んでいることでしょう。
 

ロンドンでもニュースになっているようですが、英国はEUからの離脱が足を引っ張っているようなので、金融の国であることを踏まえると是が非でも誘致したいんでしょうね。NY市場とロンドン市場が最大の候補になるのかな?と考えています。
東証は厳しいのではないでしょうか?
 

日本取引所への上場は20%程度なのか?

日本取引所への上場予定は20%程度だと言われているそうですが、NY市場へまずは上場することが自然な考えでしょう。
過去には三菱UFJが一部の株を引き受けるようなニュースもありましたが、結局はエネルギー市場かつ大きな金融フローが存在する市場を選択すると思うんですけどね。
 


 

サウジアラムコの上場は2018年と言われているため、そろそろ本格的に話を煮詰める必要があるでしょう。
通常の上場とはけた外れの規模になる見込みです。
時価総額は約230兆円規模となり世界最大のアップルの約90兆円をはるかに超える水準です。
 

そう言えばソフトバンクも2040年に時価総額200兆円を目指すような話をしていましたね。ということは世界経済は一極集中化が進むのかも?もしくは全体的に世界経済が拡大に?
AIやフィンテックにより生き残れる企業も少なくなると本で読んだことがありますが、先は解らないですよね。
 

tileltuku IPO抽選に前受金不要で参加できる大切な企業! キャンペーンあり

岡三オンライン証券

※岡三オンライン証券でIPOの当選をするには?IPO抽選ルール

コメントを残す

*

サブコンテンツ
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitter始めました

このページの先頭へ