IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPO口座が少なく幹事を引受ける見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ むさし証券でIPOの当選を狙うには?
icon3newpink IPO口座数が少なく前受金無しの抽選! 【ついにIPO取扱い開始】



※ライブスター証券IPO抽選ルールと当選の秘訣 【IPO抽選に資金不要】

ランディス・ギアがIPOをする日が来る?東芝関連

ランディス・ギアIPOニュースが出てきました。
窮地に立たされている東芝が買収している企業です。
 


 

【ローイター】
東芝(6502.T)が傘下のスマートメーター(次世代電力計)大手ランディス・ギアを売却する方向で準備を進めていることが、関係筋の話で分かった。売却額は20億ドルに上る可能性があり、米原発事業の減損で傷んだ財務の立て直しを急ぐ。東芝はUBSを起用し、売却か新規株式公開(IPO)を検討しているという。

関係筋によると、投資会社のCVC、シンベン[CINV.UL]、アドベント、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)(KKR.N)、ブラックストーン(BX.N)、オネックス(ONEX.TO)、クレイトン・デュビリア・アンド・ライスなどが取得に関心を示すとみられている。スイスに拠点を置くランディス・ギアは世界30カ国以上で事業を展開、従業員数は5700人以上。東芝は同社株の60%を保有している。

 
購入時は約1863億円だったと思いますが、今の時価総額は?
また監査意見不表明のまま今日は決算発表をしており、泥沼化しているように思います。
発表資料による連結純損失は5325億円で債務超過額は2257億円だそうです。
 

どうなるのか?
もしランディス・ギアが即売れれば残りは融資でまかなえるでしょう。
資産もあるでしょうからこれだけ見れはまだ余裕があるようにも思います。
実際は精査していないので解りませんけどね。
 

tileltuku 主幹事や幹事を多数引受ける企業でIPO口座はまだ少ない穴場企業!

⇒ 東海東京証券HP

※東海東京証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

*

サブコンテンツ

貰えるタイアップ特典


 


 

マネースクエアジャパン楽天スーパーポイント

FX取引企業の骨頂!

100円からFX投資出来るFXnanoで人気の企業!安心の上場企業なので人気化しています。

FXプライム
ぱっと見テクニカルを使ったFX取引で勝率が劇的に変わる可能性がある!使わないと損です。
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitter始めました

このページの先頭へ