IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPO口座が少なく幹事を引受ける見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選です。
⇒ むさし証券でIPOの当選を狙うには?
icon3newpink IPO口座数が少なく前受金無しの抽選! 【ついにIPO取扱い開始】



※ライブスター証券IPO抽選ルールと当選の秘訣 【IPO抽選に資金不要】

JR貨物が黒字でIPOするのか?

JR貨物がIPOをする日が来るかもしれません。
昨年度にも日本経済新聞に掲載されていましたが、経常利益100億円構想があるようです。
目標値に近づくと玉木良知取締役がIPOをする見込みがあると言っていました(上場を見当)
 


 

【日本経済新聞】
JR貨物は28日、2017年3月期決算を発表した。本業の鉄道事業の営業利益は5億円と、部門別の収益を公表し始めた07年3月期以降で初めて営業黒字を達成した。トラックから鉄道を使って貨物を運ぶモーダルシフトに加え、輸送も効率化した。ただ燃料などの鉄道コストが上昇基調にあるなか、鉄道事業の改革が求められそうだ。

連結売上高は1902億円と前の期比0.5%減、連結経常益は43.4%増の103億円。連結最終益は2.4倍の129億円だった。貨物輸送量が増加基調にあることなどが寄与した。同社には追い風が吹く。トラックの運転手不足に加え、貨物の輸送距離が500キロ未満の案件でも依頼が舞い込んでくるなど、いまは水面下で100件ほどの新規契約交渉が進む。

同社はかねて上場できる体制作りを進めていくと表明していた。本業の黒字化はその一つ。他にも持続的に100億円の連結経常利益を上げることなども目標として掲げている。

 

上場をする事になれば鉄道関連になり人気化する見込みが十分にあります。
面白い案件だと思いますよ!
早く上場をしてほしいですね~
 

JR関係はまだ上場をしていない企業もあるので話題的にも期待しています。
絶対に公募割れしないとまで言われる国策的なIPOは人気となりますが、早期撤退も視野に入れた方がよいかも?
最近のIPOは短期で動くケースが多いですからね。
ともかく楽しみです。
 

tileltuku 富裕層が使うロボアドバイザー運用が出来る⇒ ウェルスナビ

※Wealthnavi(ウェルスナビ)の評判や評価は本当なの? 【投資実績記録】

コメントを残す

*

サブコンテンツ

貰えるタイアップ特典





マネースクエアジャパン楽天スーパーポイント

FX取引企業の骨頂!

100円からFX投資出来るFXnanoで人気の企業!安心の上場企業なので人気化しています。

FXプライム
ぱっと見テクニカルを使ったFX取引で勝率が劇的に変わる可能性がある!使わないと損です。
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitter始めました

このページの先頭へ