IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPO口座が少なく幹事を引受ける見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ むさし証券でIPOの当選を狙うには?
icon3newpink IPO口座数が少なく前受金無しの抽選! 【ついにIPO取扱い開始】



※ライブスター証券IPO抽選ルールと当選の秘訣 【IPO抽選に資金不要】

LINE(ライン)がIPO計画を断念した。2回目の断念でしばらく休憩?

LINE(ライン)がIPO計画を断念したようです。

LINI(ライン)上場IPO
 

以前より新規株式公開を日本とアメリカですると言われていましたが、昨今の世界
情勢によりこのようなニュースが出ています。
関係者によるとLINEは2016年春までのIPOを凍結と言っています。
 

無料通信アプリ「LINE(ライン)」を運営するLINEは、2014年に続き、今年も新規株式公開(IPO)計画を断念した。事情に詳しい関係者が明らかにしたLINEの親会社である韓国の検索最大手、ネイバーは昨年、東京とニューヨーク市場でLINEの上場を準備していたが、まず海外進出に集中したいとして今年まで先延ばししていた。

2度目の上場断念で、海外市場でのアプリ開発資金の調達をもくろむLINEの期待に暗雲が垂れ込めてきた。タイと台湾に強力な基盤を持っているLINEは、米国などより大きな市場への進出を目指してきた。別の関係者によると、LINEは早くても来春までIPO計画を凍結したという。同社は早ければ今夏までに東京とニューヨークに上場するとみられていた。LINEの広報担当者は、IPOの準備を進めてきたが、最終決定は何も下していなかったと述べた。

LINEの月間アクティブユーザー数は2億1100万人。これは米 フェイスブックが昨年190億ドルで買収したメッセージアプリ「ワッツアップ」の8億人超、中国の 騰訊控股(テンセントホールディングス)傘下の人気チャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の6億人(大部分は中国)を大きく下回っている。

※ウォールストリートジャーナル記事より
 

ただLINEって利益を公開していないのでこの辺りは微妙ですね。
売上は前年同期比39%増の278億円となっていますが黒字化ってどの程度の
黒字なんでしょうね?

話題のIPOなので取りにかかると思いますが、楽しみはまだ先ですね!
 

tileltuku 期間限定で入金すると3000円のチャンス⇒ SMBC日興証券

コメントを残す

*

サブコンテンツ

貰えるタイアップ特典


 


 

マネースクエアジャパン楽天スーパーポイント

FX取引企業の骨頂!

100円からFX投資出来るFXnanoで人気の企業!安心の上場企業なので人気化しています。

FXプライム
ぱっと見テクニカルを使ったFX取引で勝率が劇的に変わる可能性がある!使わないと損です。
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitter始めました

このページの先頭へ