IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPO口座が少なく幹事を引受ける見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選です。
⇒ むさし証券でIPOの当選を狙うには?
icon3newpink IPO口座数が少なく前受金無しの抽選! 【ついにIPO取扱い開始】



※ライブスター証券IPO抽選ルールと当選の秘訣 【IPO抽選に資金不要】

日宣(6543)IPO新規上場承認 【株数少ない業績好調IPOがキタ】

日宣(6543)が上場承認です!主幹事は大和証券になり株数は少ないので、初値期待は高いです。

企業名からお堅いイメージがありましたが、ホームページを見ると柔軟さがあるように思います。創業64年の実績ある企業となっています!
 


 

業 種 サービス業
上場市場 JASDAQスタンダード
公開予定 2月16日予定
BB期間 2月01日~2月07日
仮条件 1月30日
想定価格 1540円
公開価格 2月08日
公募株数 200,000株
売出株数 50,000株
公開株式数 250,000株
OA売出 37,500株
引受幹事 大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
SBI証券
マネックス証券

 

【事業内容】
広告・セールスプロモーションを中心としたコミュニケーションサービス全般の提供

 


 

業績面に問題は無く、売上・利益共に順調です。
また配当性向も30%を目途とあるので、上場後も継続になりそうです。
ケーブルテレビ向けのチャンネルガイドを企画制作し、月間発刊数が150万部にのぼる安定した発行を行っています。
また住宅業界も40年以上の実績があり、広告プロモーションや企画、DM作成やイベント企画(デザイン)をワンストップで提供しています。
 

ホームセンターマガジンの発行やWEBサイトの作成も手掛ける幅広い事業となっています。
さらに医療・健康業界にも進出しこちらも無料情報誌Re:KiiTaを配布しています。
レコメンドサイトの活用もあり、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの幅広くサイト展開も行っているようです。
AIやVRなどにも取り組んでいるようです。
 

ポイント IPO抽選が完全抽選方式のマネックス証券が凄い理由

⇒ 東海東京証券でIPOの当選をする方法とIPO抽選ルール!
⇒ 後期型IPO申込のメリットは何なのか?証券会社別の資金活用
 

日宣初値予想とIPO分析をざっくり考えてみる

日宣IPOの本社は東京都千代田区神田司町、会社設立は1953年3月です。
社長は津裕司氏で年齢は46歳、株式保有率は23.99%と株主報告書に記載があります。
従業員数は連結117人(単体103人)、平均年齢39歳、平均勤続年数5.4年、平均年間給与約587万円です。
 


 

ロックアップ期間90日、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
ベンチャーキャピタルにはすべてロックアップが付与されていて、売り急ぐ株主は退職者くらいでしょうか?
需給は良いと思われるので、IPO申込には全力参加予定です!
 

市場から吸収される金額は約3.9億円で、オーバーアロットメントを含めると約4.4億円です。
上場規模も小さいため初値は1.5倍以上になるでしょう。
幹事の口座はすべて開設しているので全部から申し込んでみます。
IPO当選狙いですが、過熱感はないかもしれません。
 

tileltuku 日宣(6543)IPO幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

コメントを残す

*

サブコンテンツ

貰えるタイアップ特典





マネースクエアジャパン楽天スーパーポイント

FX取引企業の骨頂!

100円からFX投資出来るFXnanoで人気の企業!安心の上場企業なので人気化しています。

FXプライム
ぱっと見テクニカルを使ったFX取引で勝率が劇的に変わる可能性がある!使わないと損です。
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Twitter始めました

このページの先頭へ