「IPO口座特徴」の記事一覧

【DMM株でIPO取扱いが開始】DMM.com証券はIPO抽選が前受け金不要!

DMM株IPO取扱い

DMM株でIPO取扱いが開始されることが発表されました。しかもIPO抽選段階では前受け金が不要になるため資金面でメリットがあります。前受け金不要の証券会社は増えつつありますが、DMM株は手数料も安く証券業界の台風の目にな・・・

DMM株の取引手数料は業界最強?口座開設でわかったこと

DMM株手数料が業界1番か?

DMM株の取引手数料が驚きの安さだったので口座開設してみました。取引画面もかっこよく売買でも勝てるような気がしています。現物取引や信用取引どちらも手数料が安いため操作を覚えながら取引を行ってみたいと思います。 &nbsp・・・

むさし証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

むさし証券のIPOに当選する方法はトレジャーネット(インターネット)の口座を開設してIPOに申込む事です。しかも前受金が不要なので超穴場企業だと思います!口座開設者も少ないことから引受株数が多い場合には穴場証券になるでし・・・

大和証券のIPO抽選ルールと当選履歴 【店頭申込でも当たらない】

大和証券のIPO抽選ルールを分かりやすく書いてみます。大和証券のIPO配分は抽選枠で15%~25%配分となっているため比較的当選しやすいと思います。主幹事や幹事に入ることは多いため口座はもっておいて損はありません。預け入・・・

IPO抽選が前受金不要の証券会社を調べてみた | 当選できるの?

IPO抽選において前受金不要で参加できる企業があります。そんな証券会社の口座があれば良いと思いませんか?通常であれば前受金が必要になり、さらに前受金が銘柄別に必要な場合もあります。しかし、IPOを気軽に始めた人は即壁にぶ・・・

SMBC日興証券でIPOの当選をするには?IPO抽選ルール

SMBC日興証券IPO抽選ルール

SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよいでしょうか?IPO抽選ルールについて詳細を記載します。何度もIPOに当選している企業なので個人的にも必須口座となっています!口座を開設していない方はできるだけはやく持・・・

後期型IPO申込のメリットは何なのか?証券会社別の資金活用

後期型IPOの申込を活用するとIPO当選確率がアップする事があります。 これは通常行われているIPO抽選と日程のずれがあり、上手く活用する事でメリットが生まれてきます。特に投資資金が少ない方にはチャレンジすると良い結果が・・・

岩井コスモ証券でipoに当選するためには?ipo抽選ルール

岩井コスモ証券でipoに当選するには地味な作業が必要です。 抽選に申込むには2回の申込作業が必要なのでかなりの確率で忘れます。ブックビルディングが集中したら2回目(購入申込み)を忘れる人が続出かもしれません! &nbsp・・・

松井証券でIPOに当選するためには?前受け金不要にルール改定です

松井証券IPO抽選ルール(入金不要)

松井証券のIPO抽選ルールは前受け金不要になり、当選後に入金し購入申し込みを行うとよいため人気の証券会社になります。以前は需要申し込み後に購入申し込みをしなければ抽選に参加できませんでしたが、現在は「前受け金不要」で1回・・・

未成年口座(家族口座)を開設してIPOを狙う | 野村證券や大和証券を検討

未成年口座でIPO当選

未成年口座(家族口座)の口座開設を行いIPOに当選する方法があるため、実際に未成年口座を開設してみました。野村證券や大和証券にも電話をして聞いてみた結果も書いています。結論的にネット証券だと未成年口座は問題ないようです。・・・

サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ