IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



OwnersBook(オーナーズブック)なぜ評判が良い?不動産プロによるクラウドファンディング

OwnersBook(オーナーズブック)はなぜ評判が良いのか?

それは不動産のプロが厳選した案件を紹介しているクラウドファンディングだからでしょう。
しかも1万円から投資が可能なので投資初心者でも手掛けやすい理由があります。
 


 

OwnersBook(オーナーズブック)は信頼できる企業なのか?

クラウドファンディングやソーシャルレンディングなどが流行っていますが、OwnersBook(オーナーズブック)は不動産のプロが物件を紹介している時点で信頼度が高いです。公式サイトに主要メンバーが掲載されていますが、不動産知識や経験が豊富なスタッフばかりです。
 

しかも上場企業になります!
東証マザーズに上場するロードスターキャピタル(3482)運営になり、ソーシャルレンディングを取り扱う企業の中では上場第1号になります。
 

さらに類似企業は赤字になっている事が多いのですが、OwnersBookは創業以来黒字なんです!
と言うことは倒産のリスクが少なく投資資金を預けても安全だと言えます。
 


※データ開示があるので安心できます
 

利回りは4.8%~14.5%となっていますが、その利回りよりも信頼が優先している企業だと思います。
主要株主は上場企業の名前があり信頼をより高める要因となっています。
口座開設は無料、口座維持管理なども無料になります。
 

OwnersBookのメリットまとめ

【OwnersBookのメリット】

・高い利回りで安定した利益を得られる
・少額投資が可能なので手軽に投資ができる
・資産運用後は償還されるまで何もしなくて良い
・税金の支払いは源泉徴収されるので確定申告の手間が省ける
・クラウドファンディング以外にも多数の事業がある
・今まで貸倒を起こしたことが無い

 

OwnersBookのデメリットまとめ

【OwnersBookのデメリット】

・一度投資を実行すると運用期間が終了するまで現金に戻せない
・元本保証が無いので債務不履行(デフォルト)になる可能性がある
・行政当局の指導により、投資家に対して貸付先の匿名化が必須となっている

 

OwnersBook(オーナーズブック)に口座を開設して投資を始めてみました

OwnersBook(オーナーズブック)に実際に口座を開設しました。
インターネット上で簡単に口座開設ができますが、本人確認のハガキが届いてからの投資実行になります。
 


 

度々メディアに取り上げられているので目にした事がある方も多いでしょうが、業界の中でも信頼は高いです。
金銭的余裕のある方は複利を得るために投資を考えてみるとよいと思います。
 

私も少額ですが、色々と分散しながら利益を得ているので期待している投資方法です。
目指しているのは年間に20万円以上の不労所得を定期的に頂ける環境を作ることです!株のほかにも利益が出るとメンタル的にもプラスに働きますからね。
 

OwnersBook(オーナーズブック)に実際に投資をした結果

OwnersBookに投資を実際に行ってみました。
もう少し高利回りの案件もありますが、安定して貰えそうな案件を私は選びました。
 


 

詳しく調べてみると申込人数が1,075人もいます。
申込総額は当初の予定通り、400,500,000円の満額決定となっています。結構人気があったと思いますが、私が選んだ決定的な理由はOwnersBookの物件リスクが低かったことです。
 

OwnersBook(オーナーズブック)はロードスターキャピタルという企業が運営しているクラウドファンディングになるため、上場企業が投資家をだますような行為はないであろう、と想像できます。
上場企業だと他企業との差別化ができ、運営も安定すると思われます。
 

定期預金と比較した参考収益比較表

定期預金と比較した表が出ていました。
投資をする前に確認できますが、企業を信用していたことと、他企業でもソーシャルレンディング投資は行っていたのであまり気にしていませんでした。しかし、あらためて見るとその差が凄いです。
 


 

あり得ないような差が発生しますが、これが現実です。
OwnersBookの投資は1万円から出来るため、1万円の5%でも500円です。定期預金だと1円しか付きません(上記利回りを参考)
銀行に預けていても金利なんて期待が出来ないわけです。
 

配当スケジュール表

配当スケジュール表も投資を行う前に事前確認ができます。
画像は10万円を投資した場合の数値になります。
 


 

金額にすると微々たるものですが、積み重ねで投資金額も積み重ねが出来ます。
私の場合はソーシャルレンディング投資に150万くらいつぎ込んでいますが、今後はOwnersBookに資金を回すかもしれません。やはり上場企業ということが一番安心できるポイントです。
 

案件担当者からのコメントも掲載されている

最近のソーシャルレンディングでは、開示情報が増えているため助かります。
数年前までは、よくわからない状態で投資をしていることが多々あったように思います。
現在も投資先は開示されない仕組みですが、ある程度の情報は開示されるようになり投資判断をしやすくなっています。
 


 

【案件担当Y】

物件①が所在する銀座は、東京メトロ銀座駅を中心として物販・飲食の店舗やオフィスが入居する中高層ビルが集積する、日本を代表する大規模商業地域となっており、サービス業(物販・飲食等)の店舗やオフィスとして安定的な需要が存在します。貸付先1である不動産保有会社Nは東京都目黒区に所在し、過去3年は黒字で安定して経常利益を計上しております。

 

流石に赤字の企業に投資をする気にはなれません。
経常利益が上がら無いということは、業績に問題があります。中には営業利益が黒字でも経常利益でマイナスになることも考えられるため、経常利益で判断するほうが賢いでしょう。
 

OwnersBook(オーナーズブック)に投資をして解ったこと

OwnersBookに投資をして解ったことは、上場企業だから資金を預けてもリスクが低いと個人的に思います。
また、投資先などの開示情報がしっかり見れること、さらに投資先案件が沢山出てくるので、投資タイミングを逃しません。新規情報のメールも届きます。
 

他社に投資をしているから分かったことが一つだけあります。
それは、利回りが少し低いことです。不動産に特化している企業なので、不動産のプロ集団です。疑う余地はないと思います。
 

ただ他社案件と比較すると利回りでやや劣るイメージです。
調べた中で利回りが高く似たような事業を行っているのは「LENDEX(レンデックス)」という企業がありました。こちらも人気みたいですが、利回りはなんと倍になります。
 

私はLENDEXの口座を持っていませんが、今後資金が出来れば口座を持ちたいと思います。
しかも投資期間が短く資金回転のメリットも高いんですよね・・・
 

⇒ クラウドファンディングで不動産投資(OwnersBook)

OwnersBook

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ