DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
ライブスター証券IPO事前入金の必要がないため当選してから入金が可能!
抽選方法は1口座1抽選方式の完全平等抽選なんです。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ユニコーンに口座開設を行うだけでAmazonギフト券1000円が貰えます!

ユニコーンAmazonギフト券1000円

イークラウドでも口座開設でAmazonギフト券貰えます!
イークラウド


株式新聞の無料購読でIPO初値予想が見れる!DMM.com証券凄いぞ

株式新聞と言えばモーニングスターが発行している新聞です。今回ご紹介するのは株式新聞(株式新聞Web)有料版を無料で見る方法です。1年間に税別で48,000円分を無料で見れます。
 

月額4,000円(税別)が無料になるためかなりビッグニュースです。有料で購読していた方も無料版に移行しているようです。それにIPO初値予想も無料で読めるので凄いかもしれません。
 

株式新聞(株式新聞Web有料版)の無料購読
 

会員にならなくてもタイトルなどの確認はできます。しかし重要な内容を見ることができませんでした。SBI証券ではモーニングスターのIPO評価レポートを無料掲載していましたが、株式新聞Webでも初値予想やブックビルディングの状況などを確認することができます。
 

新聞形式ではなくWeb版なので何処からでもアクセスすることができます。これまでDMM株を通してだとiPhoneでは見ることができませんでしたが、対応済みとなったそうです。
 

勘がよい方はおわかりだと思いますが、有料版を見る方法はDMM.com証券に口座を開設すれば完全無料で見ることができます。
 

入金の必要もないため条件のハードルはかなり低いと思います。口座開設だけで1年間48,000円(税別)の情報を見ることができるなんてあり得ないですよね。
 

⇒ DMM.com証券(DMM株)公式
 

株式新聞Webで初値予想を見るにはどうすればいいの?

株式新聞(株式新聞Web)を無料で見るにはDMM.com証券に口座を開設してIDと初期パスワードを発行するだけです。
 

これから利用する方は「いますぐ株式新聞を購読する」と表示されます。私は既に利用しているのでIDとパスワードが下記画像のように発行されています。
 

DMM.com証券(DMM株)で株式新聞Web有料版を無料で見る方法
 

またDMM株にログインをして左の項目で「投資情報」をクリックすると無料購読案内が表示されます。画面が黒で見にくい場合は白に変更することもできます。
 

DMM.com証券(DMM株)を使って取引をされる方は好みのカスタマイズができるので利用してみましょう。
 

オリジナルに取引画面をカスタマイズすることもできます。使い方を覚えると結構楽しいと思います。株式売買委託手数料も安いのでお勧めできます。
 

株式新聞Webログイン画面
 

申込を行うとIDとパスワードが発行されるのですぐに株式新聞(株式新聞Web)にログインできるようになります。
 

正直なところIPOの情報以外にも沢山の情報が見れるため取引の材料を得るには素晴らしいと思います。しかも無料で全て見れます。
 

有料版と何が違うのか?とネットで調べてみたら有料版と無料版の差がないみたいです。DMM.com証券に口座開設しているだけ見れるなんてありがたいですね。ぜひ利用させて頂きます!
 

株式新聞Webタグ一覧
 

IPO情報はトップ画面ログイン後に上部にタグとして表示されている時と表示されていない時があります。
 

表示されていない時はトップ画面の上部にある「もっとみ見る」をクリックするとタグ一覧が表示されるので、その中からIPOを探してください。
 

一度ログインするとわかると思います。見やすいサイト構成になっています!
 

株式新聞Webが本当はいくらなのか調べてみました!解約方法はどうなっている

株式新聞Webの本当の価格を調べてみました。月額4,000円なので消費税を入れると4,400円になります。株式情報誌としては普通の価格帯だと思います。
 

株式新聞Web価格
 

とにかく今回は無料で情報を見ることができるので嬉しいと思います。これまで有料会員だった方は解約してもその月にお金が返却されるわけではなさそうです。解約をしたら次回継続が停止されるようですね。
 

年契約ではなく1ヶ月単位のカード決済になっているようです。株式新聞Webは1949年(昭和24年)に創刊され日本最大の証券専門紙になります。カリスマ株式評論家の山本伸氏の情報を独占して見ることができます。また過去に掲載された記事も3年分遡って見れます!
 

IPOの情報は小泉健太氏の名前が出ているようです。モーニングスターのIPOレポートは小泉健太氏が書いていますよね。
 

別の証券会社でも株式新聞Webを無料で見れるようですけど条件設定があるので、DMM.com証券を利用すると簡単です。それにDMM.com証券にログインしなくても株式新聞に直接アクセスすればIDとパスワードを入力するだけで情報を見れます。
 

この仕組みは利用者に便利だと思います。株式新聞の登録者情報を確認してみると「ディエムエム」となっていました。個人情報が株式新聞で共有されるわけではなさそうです。
 

税別月額4,000円の情報を無料で見れるのでDMM.com証券に口座を開設している方は利用しておきましょう。すぐ発行できるのが嬉しいです。
 

DMM.com証券がついにIPO株を取り扱う! 限定キャンペーンが凄い
DMM.com証券(DMM株)案内
 

DMM.com証券(DMM株)については下記記事でまとめてみました。入金不要でIPOの抽選に参加できる証券会社です。

DMM株の取引手数料は業界最強?口座開設でわかったこと

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ