【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券1000円分貰えます!!

バンカーズ(Bankers)アマギフ

※バンカーズのアマギフ2000円分の詳細はこちら(最大9.7万円)


SBI証券IPO抽選の申込とIPO当選を狙う必須条件とは?

SBI証券のIPO抽選に申込むと当選する方法があります。

たとえ資金が少なくても当選することが出来るので早い段階で取り組むべきです!
知らないと損します。
 


 

SBI証券のIPO抽選のルールをざっくり考えてみる

SBI証券のIPO抽選のルールですが、引受けた株数の60%を完全抽選とします。
 

残りの30%をIPOチャレンジポイント配分と決めています。ただ完全抽選となっていますが、SBI証券は申込をした株数により当選確率が変動するので資金が沢山ある方は有利になります。
 

10,000株申込 > 1,000株申込 > 100株申込
 

資金力があればSBI証券で何度も当選することは可能です。私は昔よりも当選することが出来ています!ただ運も左右するので100株の最低申込でも当選するときは当選します。
 

SBI証券でIPOは当選しますか?当選実績の一部を公開

メニコンSBI証券IPO当選申込
 

フィットIPOが当選SBI証券
 


 


 

メニコンはあまり人気が無かったのに12.5万円という利益も頂きました。
 

過去には50万円くらい利益が出た銘柄もありました。もう少しブログを早くから始めれば画像もあったんですけど。笑。
 

ピーバンドットコムは18.8万円利益でした。
 

SBI証券でIPOが複数当選してしまった

ソーシャルワイヤーIPOがSBI証券で当選した!
 

SBI証券ライトアップIPO300株当選
※ライトアップも当選しました
 

ソフトバンクIPOがSBI証券で当選した
 

ソーシャルワイヤーが300株も当選しました。これはブログを始めてからの複数当選だった銘柄です。
 

結果は公募価格1600円に対し初値は2511円と微妙な感じでスタート!300株なので273,300円とあまり大きな利益はでませんでした。
 

それでもNISA口座だと27万円以上の利益なので我慢です。
 

ネット証券最大手のSBI証券なのでサービスや手数料などはかなり良く夜間取引のPTS取引もあります。IPOを初値で買ってPTSで売る事も出来ますね!
 

ブックビルディング時には資金が要らず、抽選が行われる日の18時までに入金すれば事前に申込んだ株数だけ抽選が行われます。
 

また補欠になれば即資金が拘束されるので、資金に余裕が無いと他の銘柄と抽選が被ってしまいIPOチャレンジポイントが貰え無いことがあります。
 

何度落選してもIPOチャレンジポイントを貯めていればIPOに必ず当選出来るシステムは努力の結集なので素晴らしと思います。
 


※SBI証券のIPO抽選ルールを新しくまとめました
 

SBI証券のIPOではデメリットもあるの?

ただデメリットも考えられるので書いておきます。それはIPO申込を資金の限り抽選に申込み、IPOチャレンジポイントも使ってしまうとどちらで当選したのか解りません。
 

なので当選しやすい銘柄でIPOチャレンジポイントを使わない方が良いかも?しれないのです。
 

使って当選したポイントは戻ってきませんから1回の当選で50万円~100万円の利益を生むような銘柄に使いたいものです。
 

  • ネット証券でありながらIPOの取扱いは群を抜いて多い!
  • IPOの重複申込が可能(同一資金で構わない)
  • 完全抽選60%、IPOチャレンジポイント30%、裁量枠10%
  • 抽選時の18時までに出来るだけ資金を集めることで当選確率UP
  • 出来るだけ早くから口座を開てIPOチャレンジポイントを集める事
  • 夜間取引で人気のIPO銘柄を獲得する事ができる

 
SBI証券の場合はIPO口座としてだけでは無く取引に使えたり、ノーロード投資信託や公募増資の申込、売出株の申込などにも使えますから、私は口座を持っているべき証券会社だと考えています。
 

逆に口座が無いと利益が取れなくて困る企業ですね。
 

⇒ SBI証券IPO

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ