「IPO初値結果」の記事一覧

【上場結果】オンデック(7360)はストップ高!PTS取引も活況

オンデックIPOの初値結果

オンデック(7360)が上場し2020年のIPOが全て上場しました。最後を飾った銘柄のオンデックの初値予想はかなり高い数値を予想していましたが、意外と低く寄り付いたため投資家の買い需要が見込めたようです。   ・・・

【初値結果】ウェルスナビ(7342)とKaizen Platform(4170)のIPOは凄かった

ウェルスナビ上場結果

ウェルスナビ(7342)とKaizen Platform(4170)が上場しどちらも公開価格を超えました。ウェルスナビは引けにかけて上昇し面白い展開になっています。   逆にKaizen Platformは事前・・・

バルミューダ(6612)とFast Fitness Japan(7092)の初値結果

バルミューダ(6612)初値後の値動き

バルミューダ(6612)とFast Fitness Japan(7092)が上場しました。どちらも公開価格を超えて初値が付きIPO当選者は利益を手にできたと思います。まだ売っていなければもっと利益が期待できそうです。 &・・・

ヘッドウォータース(4011)とアクシス(4012)の初値結果と衝撃の展開!IPOは儲かる

ヘッドウォータース(4011)初値結果

ヘッドウォータース(4011)とアクシス(4012)の初値結果を記録しておきます。ヘッドウォータースはこれまでIPOの中で初値倍率歴代1位のHEROZ(4382)を抜きました。   HEROZ(ヒーローズ)を抜・・・

ヴィッツ(4440)上場2日目は売り気配?初値予想は引下げ

ヴィッツIPO初値予想2日目

ヴィッツ(4440)の上場1日目は初値付かずとなりました。大方の予想どうりにことが進んだことになりましたが、どうやら上場2日目は売り気配から始まりそうです。売りと買いの差は1.24倍しかなく即金規制の影響を考えると買板が・・・

日本ホスピスホールディングス上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

日本ホスピスホールディングス上場とIPO初値予想

マザーズ市場に日本ホスピスホールディングス(7061)IPOが新規上場承認されました。主幹事は野村證券となり公開株数1,900,000株、オーバーアロットメント285,000株と株数がかなり多いIPOになっています。想定・・・

リンク(4428)初値結果は好調!日経超暴落でも2倍越え

リンク(4428)上場結果は初値2.13倍

リンク(4428)が上場し初値は2倍超となりました。レオス・キャピタルワークス(7330)の上場中止により資金が流れてきたとありました。当選者は予想に反して高値が付き喜んだことでしょう。市場が壊滅的な状態でもオーラスIP・・・

VALUENEX(4422)初値4,300円と気配上限越えの2.3倍!

VALUENEX(4422)初値結果

VALUENEX(4422)初値4,300円に決定しました。気配上限は4,235円でしたが、主幹事が無理やり初値形成をさせたのか?と思うような結果となっています。東証から発表された価格を超えて初値が付くことは稀にあります・・・

ディ・アイ・システム(4421)上場2日の初値予想は切り上がる!

ディ・アイ・システム(4421)初値結果

ディ・アイ・システム(4421)が上場しましたが、上場1日目は初値付かずとなりました。場中の板を見ていないため勢いがわかりませんが、引け後の板を見る限り相当買い需要があったように思います。差引147,500株の買い越しと・・・

プロレド・パートナーズ(7034)好調な初値後にストップ高引け!

プロレド・パートナーズ初値は7170円だった

プロレド・パートナーズ(7034)が上場しました。大手予想は6,000円でしたが高く寄り付き7,170円という結果です。同様にコンサルティングを手掛けていたエクスモーション(4394)の初値は不発でしたが、刺激されたのか・・・

サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ