IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



楽天証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

楽天証券のIPO取扱いは引受けた株数の全数を抽選に回す企業です。

IPOの取扱い数が多いとは言えませんが、幹事や委託販売などが行われる場合に比較的IPOの当選確率は高めです(最近は委託経由の取り組みが多い)
 

楽天証券IPO抽選方法
 

楽天証券の口座開設者は多いですが、実はIPOに申込む方は少ないです。
これはIPOの取扱い数にも関係がありますが、そもそも楽天証券で口座を開設してIPOに申込もうと考える人が少ないと思われます。

IPOが委託で取り扱われていることに気が付かないこともしばしばあります。
 

楽天証券のIPO以外のサービスも魅力

楽天証券といえば、取引ツールのマーケットスピードの人気が高くIPOよりも売買ツールとして知名度が高いです。
売買手数料も安いですし!
最近では一般信用売建の取り扱いも始まっているので個人的に評価が益々高くなっています。
 

iDeCo(イデコ)のサービスも始まり運営管理料が無料になり話題をよびました。
NISA口座や投資信託の積み立て、FXなども人気です。
SBI証券とよく比較されるため競争により手数料なども安く抑えられています。
 

楽天証券でも一般信用売建が出来るって知っていますか?

楽天証券でも一般信用売建が出来ます。
ログイン後に国内株式タブをクリックし、次に信用取引情報をクリック、次に「一般信用売建銘柄」が出てくるのでチェックをします。
 


 

すると上記画面が出てくるのでここで銘柄検索をします。
時期により一般信用銘柄数が変わるので気を付けておきましょう。
あまり優待で楽天証券を使っている人はいないので、某社のように競争激化の流れは無い気がします。
 

IPOのお金を寝かせている場合は一般信用枠狙いで取引をすると銘柄の確保が可能だと思います!
楽天証券の優待はこれからサービス拡大に期待ができると思います。
 

楽天証券の逆日歩チェックは使えます!

楽天証券の逆日歩は期間を6か月に指定すれば過去にさかのぼって見ることができます。
一般信用が無くても制度信用を使って過去にどのくらいの逆日歩が付いているのかが解ります。これって凄いですよね~
 


 

他社にあるのか知りませんが、私は楽天証券で昔から確認していました。このサービスはかなりいけていると思います!
優待に興味が無い方には不要なサービスだと思いますが結構ためになります。
 

火曜日の優待権利付き最終日などでは逆日歩は要チェックですからね。
受け渡し日の関係で逆日歩3日になるので予想できる銘柄はチェックしたほうがいいですね~
 

楽天証券のIPO申込で注意したいこと

IPOの申込特徴としてはブックビルディングと購入申込の2回申込となりブックビルディング時に申込相当の資金が必要です。
ブックビルディングの後に一時出金しても構いませんが、購入申込の時には再度余力が必要になります。
なのでカブドットコム証券のIPO申込と同じで忘れがちです。
 


 
ステージ制を採用していますが、過去6ヶ月間の平均手数料が15,000円以上になれば通常の2倍(IPOシルバー)の当選確率になります。
その上のIPOゴールドになると通常の5倍の当選確率になりますが、手数料は6ヶ月平均100,000円と巨額です!もしくは資産が1億円以上。
なので殆どの方が機械的なIPO抽選であるレギラー口座になると思います。
 

口座を開いてメール登録などをしているとIPO情報が来ると思いますが、委託幹事をしても気が付きにくくかなりの穴場証券となります。
また、委託幹事の場合はステージ制の採用は無いので全員で平等抽選にります。
最近は委託経由の取扱が多いので完全抽選といってよいかもしれません。
 

⇒ 楽天証券IPO

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ