IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

DMM株の取引手数料は業界最強?口座開設でわかったこと

DMM株の取引手数料が驚きの安さだったので口座開設してみました。取引画面もかっこよく売買でも勝てるような気がしています。現物取引や信用取引どちらも手数料が安いため操作を覚えながら取引を行ってみたいと思います。
 

スマートフォンアプリも用意されていますが、WEBブラウザーがとにかくかっこいいと思います。PRO版も人気が高いようです!
 

DMM株手数料が業界1番か?
 

初めてログインをしたときは画面がブラック表示なんですが、見にくいと思ったのでホワイトに変更してみました。操作方法は設定から画面設定をホワイトにするだけです。ダークとホワイトの2種類しかありません。発注画面の設定や取引設定、通知設定などを変更することができます。
 

さらにソフトバンク、KDDI、NTTドコモのチャートを並べてみましたが、あまりにも画像が小さくなったのでチャートだけ切り抜いてみました。有料ツールではよく見る画像ですが、類似企業の監視などが簡単にできてしまいます。今回はソフトバンクグループとKDDI、NTTドコモを並べてみました。
 

DMM株取引手数料とログイン画面
 

チャートにカーソルを合わせるとその日の始値や高値、安値などが表示されます。某社のチャートだと正確な数字がわからないのでDMM株は使えると思います。もちろん無料です。
 

類似企業ではなくても、気になる銘柄を監視するのに役に立ちます。画面をいちいち切り替えないくてよいのは優れていると思います。
 

DMM株は四季報が無料で見れる!フル板も無料で個別銘柄チェックも簡単

DMM株は四季報を無料で見ることができます。証券会社の口座を開設していると大体どこでも見ることができるため特別だとは思いませんが、チャートや板も同時に確認できる優れものです。
 

その他にはフル板が見れるため超お勧めできます。キャンペーン期間中は最大2ヶ月となっていますが、信用口座を開設済みの方は無料で見ることができるため信用口座の開設を行っておきましょう。私も信用口座の開設を申し込んでいます!
 

DMM株フル板無料
 

信用取引をしなくても口座開設だけでフル板が使えるメリットは大きいです。他社だと取引手数料を落とすなどの制限が設けられていることがあります。
 

フル板はWEB版ではなく「DMM株 PRO」というダウンロード型のツールが必要となります。その他にも日本株リアルタイム株価や板情報をリアルタイム配信されるツールも無料提供されています。お気に入り登録をしていれば前日比や出来高、さらには売り気配や買い気配も確認することができます。
 

DMM株の取引手数料が革命的な安さ?信用手数料が凄い

DMM株の手数料は細かく設定があるため安くなりそうです。1約定ごとの手数料は5万円以下の株で50円税別となります。今まであまり考えたことがありませんでしたが、低位株の取引には貢献してくれそうです。
 

松井証券だと10万円以下の約定は取引手数料が無料ですが、それ以上になると割高になることもあります。
 

約定代金 手数料
~5万円以下 50円(税込54円)
~10万円以下 80円(税込86円)
~20万円以下 97円(税込104円)
~50万円以下 180円(税込194円)
~100万円以下 340円(税込367円)
~150万円以下 400円(税込432円)
~300万円以下 600円(税込648円)
300万円超 800円(税込864円)

 

同社の場合は50万円以下で180円の設定なので、業界大手と比較するとかなり割安となります。100万円比較でも割安なので後発のDMMは戦略的に仕方がないことだと思います。
 

信用取引では1約定ごとの手数料がなんと300万円以下の手数料が80円になり、300万円超だと0円です。VIPコースの1約定ごとの手数料は金額に関係なく0円になります。VIPの上限は下記のようになっていますが、この額があれば他社でも無料適用する企業があります。
 

DMM株の信用取引手数料が無料
 

判定日が毎日行われているのはビックリしましたが、信用で5,000万円以上の建玉はなかなかできません。私は最高でも4,000万円弱なのでクリアーできません。信用取引はレバレッジが有効なのでメリットは大きいですが、ハードルは高そうです。80円くらいなら支払ったほうがよいと私は考えます。
 

現物取引でも信用約定からの現引きを行えば、手数料を割安にできるため、やり方によっては強制的にコストを引き下げることだって可能です。
 

気になるのは信用買方金利と売方金利になります。買方金利年率は制度信用で2.1%、無期限信用で3.09%、デイトレ信用が1.9%になっています。売方金利は取扱いの問題で金利が書かれていません。貸株料年利は1.1%になります。
 

また、単元未満株の購入もできますが、1銘柄につき500円税別となっています。端株の手数料はかなり高いと感じます。
 

DMM株NISA口座開設
 

NISAやジュニアNISAの取扱いも行われているため、非課税扱いもできます。取引手数料などは無料でできるため長期保有などで配当なども非課税になります。私もNISA口座とジュニアNISA口座を保有していますが、配当や売却時の非課税で大きなメリットを得ています。
 

デメリットとして特定口座や一般口座との損益通算ができないため、利益が出るまで放置プレーとなる欠点もあります。これまでは最長5年間の縛りがありましたが、再度非課税枠に移管をすればその後も非課税となることが発表されています。そろそろ私も非課税枠で5年になる銘柄が出てきそうです。
 

DMM株ポイントは現金に交換できる

DMM.com証券の投資サービスには、株式以外にもFXやCFD、バヌーシが行われています。FX口座でよければ限定タイアップによりAmazonギフト券4,000円分が貰える取り組みが行われています。

⇒ DMMFXで貰えるポイント
 

1lotの取引なので簡単に貰えますが、既存キャンペーンが同時に行われているので参加してみるとよいかもしれません。FXはレバレッジを効かせる取引なので小額投資が可能です。
 

DMMポイントで現金還元
 

ポイントは1ポイント1円になり、1,000ポイントから現金に交換でき、交換したポイントは証券口座に入金されます。交換はログイン画面から簡単に行うことができます。1,000ポイント貯めるのに10万円の手数料を落とさなければいけませんが、取引を続けていればそのうち貯まるでしょう。
 

クロス優待などをされる方はすぐに貯まるかも?優待を得るためにクロス取引をする方は多いと思いますが、年間にかかる費用が数十万円にもなるため最近は考える時があります。
 

それに株主優待を取得すると雑所得扱いになるので、確定申告が本当は必要になります。20万円以上と区切りがありますが、優待内容もバラバラなので算出方法が難しいです。あまり申告をしている方はいないと思いますが、現金化できる優待は考えものです。
 

DMM株のキャンペーンが随時更新される!

取引ツールやアプリが無料で使えたり、取引手数料が安いことはわかりました。ただ、それだけで口座を開設して取引をするには力不足なのかもしれません。そんな時はキャンペーンを確認してみるとよいと思います。
 

DMM株特典と割引
 

キャンペーンは期間設定があり、随時更新されていますが口座開設者の中から抽選で現金プレゼントや口座開設を行った方に2ヶ月~3ヶ月の取引手数料無料キャンペーンが行われています。取引量が多い方にメリットが特にありそうです。手数料も馬鹿にできないので無料期間を有効活用すればお得です。
 

現物取引の他に、信用口座開設でフル板も使えるのでここまでは頑張っておきたいところです。IPOセカンダリー投資を行うにはフル板は必須になります。注文数や株数の確認ができると戦略を練るのに役に立ちます。
 

DMM株はIPOを取り扱うのか?可能性はどのくらいあるの?

同社は最近株式市場へ参入してきた企業です。IPO取扱いについてはまだ先だと思いますが、幹事を引き受けた企業からの委託幹事になる可能性は十分にあると思います。主幹事は実績などを問われますし、幹事候補としても申請が必要です。そう考えると、主幹事になることはまだ考えられません。
 

通常の株取引によるシェア拡大などが急がれることでしょう。若い方には名前が売れているため若い層を中心にシェア拡大となりそうです。IPO取扱いがあれば口座数が少ないため配分される可能性も出てくるでしょう。
 

IPOについてはこれからなので口座を開設しておけばそのうちチャンスが訪れると思います。取引手数料が安く設定されていることとWEBブラウザーのダウンロードなしバージョンでもかっこいい取引画面は魅力的です。スマートフォンでも見やすくスマホユーザーからも評判は上々です。
 

口座開設などはすべて無料となり、入金もクイック入金が用意されています。元々FXなどでシステムが備わっていたのでこの辺りに不安は感じられません。今回色々とわかったため実際に使ってみたいと思います。
 

DMM.com証券がついに株式を取り扱う! 限定キャンペーンが凄い
⇒ DMM.com証券(DMM株)

DMM.com証券(DMM株)案内

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ