IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
IPO口座が少なく幹事を引受ける見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ むさし証券でIPOの当選を狙うには?
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



ゆうちょ銀行(7182)IPO新規上場! 支店お誘い感触で初値10%から?

ゆうちょ銀行(7182)IPOが新規上場します。

僕には既に担当者ベースで連絡があり盛んに勧誘を受けています。

やさしい企業さんと押せ押せ企業さんに分かれていますが、結果が出るとそれを基に言い訳をするんだな!
 

ゆうちょ銀行(7182)IPO初値予想
 

業 種 銀行業
上場市場 東証1部or東証2部予定
公開予定 11月04日予定
BB期間 10月08日~10月16日
仮条件 1250円~1450円
想定価格 1400円
公開価格 1450円
公募株数 0株
売出株数 412,442,300株
公開株式数 412,442,300株
OA売出 0株
引受幹事 野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
ゴールドマン・サックス証券
JPモルガン証券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券
東海東京証券
いちよし証券
SMBCフレンド証券
藍澤証券
岩井コスモ証券
東洋証券
丸三証券
水戸証券
マネックス証券
SBI証券
松井証券
エイチ・エス証券
エース証券
極東証券
高木証券
立花証券
ちばぎん証券
内藤証券
日本アジア証券
むさし証券
光世証券
リテア・クレア証券
クレディ・スイス証券
ドイツ証券
バークレイズ証券
メリルリンチ日本証券
UBS証券
シティーグループ証券
あかつき証券
安藤証券
今村証券
ウツミ証券
岡三にいがた証券
岡地証券
木村証券
共和証券
上光証券
長野証券
中原証券
新潟証券
西日本シティーTT証券
西村証券
日産センチュリー証券
ニュース証券
八十二証券
ばんせい証券
フィリップ証券
ふくおか証券
三木証券
三田証券
山和証券
豊証券
リーディング証券

 

ゆうちょ銀行IPO評判
 

● 事業の内容
日本郵政グループは、郵便・物流事業、銀行・保険窓口事業、銀行業、生命保険業、その他の事業を行っておりますが、当行は、日本郵政グループにおける唯一の銀行として、銀行法に基づき銀行業を全国規模で行っております。当行は、銀行業のみを単一セグメントとして、預入限度額内での預金(貯金)業務、シンジケートローン等の貸出業務、有価証券投資業務、為替業務、国債、投資信託及び保険商品の窓口販売、住宅ローン等の媒介業務、クレジットカード業務などを営んでおります。

 

日本郵政(6178)、かんぽ生命保険(7181)との同日上場でゆうちょ銀行も上場します。市場からの吸収金額は約1.4兆円にものぼりますから投資家全員で買わなければいけない?
 

一般的な企業であれば公募割れ濃厚だと思いますが、流石に国が思いっきり関与しているので10%~20%上げてくる?のかなーと今のところ空想しています。支店経由のリサーチでも意外と反応が良いそうですが、さばく株数が多く大苦戦?みたいです。
なので上場まで2カ月余りを要しているみたいです。テレビでもCMが流れているし、新聞にも郵政グループ上場と書かれているから新規に株を始める人も多いみたいです。第一生命が上場した時もかなりの新規顧客が増えたって聞きました。
 

会社設立は2006年9月で長門正貢氏が社長をしています。
株主は日本郵政が83.32%、ゆうちょ銀行が16.67%
従業員数は13264人と多いです!!
 

配当利回りをかんぽ生命同様に調べてみると25円の配当となっていました。
なので配当利回りは約1.785%です。
稼いでいる割には利回りが低いですけど、信頼は高いです。あおぞら銀行とか4.26%利回りです。
りそなHD2.83%、足利ホールディングス1.98%!!
馴染みの所で三菱UFJフィナンシャル・グループなどですが、1%以下の銀行業の所も結構あります。
なので妥当だと思います。
 

ゆうちょ銀行(7182)IPOは少しなら保有してもいいかな。
IPOに当選して手数料とか考えるとネット口座がある企業が断然売買手数料が安くて便利です。
目線を変えたところで穴場証券を考えると、安藤証券立花証券なども実は当選出来そうです。
 

また野村證券などの前受金不要で申込も100株なら当選期待が出来そうです。
ガッツリ数百万円程度の参加を希望するなら野村證券の店頭口座がお勧めですね!
ただガッツリ手数料が取られるので売却時には注意が必要かな。笑。
岡三オンライン証券でも前受金が不要になったので郵政グループIPOの申込をしてみるのもいいでしょう(優待本も貰えるし)
 

コメントを残す

*

サブコンテンツ
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitter始めました

このページの先頭へ