IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ウェルスナビにタイアップ特典が付きました【驚異的なETF投資ができる】
ウェルスナビタイアップキャンペーン

シストレ24で限定タイアップ特典が付きました!【3,000円増額中】
シストレ24タイアップ特典13,000円

SMBC日興証券のダイレクトコース配分が15%に!ステージ制導入

SMBC日興証券のダイレクトコースの配分が変わります。ネット抽選の方に大きなメリットがあるためチャンスを生かしましょう。新規口座開設者と既存口座開設者両方で優遇措置が行われます。ただし、既存口座開設者はステージ制を上手く活用しないといけません!
 

大きなポイントになるのは3つの条件になります。当選確率が最大25倍にまで拡大するため利用しない手はないかもしれません。私はブロンズしか狙えませんけどね。考えようによっては条件を達成できないことはないため少し考えてみましょう。
 

SMBC日興証券ダイレクト口座ステージ制導入
 

これまではダイレクト口座だと幹事引き受けの10%が完全抽選になっていました。そして今回新たに5%がステージ制枠になります!これは凄いことですね。主幹事を多く引き受ける企業だからこそ5%の増加は大きいと思います。
 

導入時期は2019年2月下旬になり、IPOのブックビルディングが増加している時期です。今から口座開設を行うとステージ制でブロンズとなり当選できる可能性が高まります。時期により口座開設を行うことも検討したほうがいいのかもしれません。
 

預かり資産残高別のノルマクリアーが一番楽そうですが、信用取引残高によるステージクリアーも考えられます。SMBC日興証券は信用取引委託手数料が無料なのでクリアーできないこともありませんが、額が大きいためリスクはありますよね。1ヶ月で1,000万円の建玉はたまに行いますが、3ヶ月連続なんて無理です。
 

それでもシルバーなので厳しいですね。でも当選確率が5倍になるのであれば少し考えます。
 

    【ステージ制の注意点】

  • ダイレクトコースのお客様について、毎月、「新規口座開設(直近3ヶ月以内)」、「お預り資産残高」、「信用取引建玉残高」の3つの条件を比較し、最も有利な条件から、4つのステージ(ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ)を設定します
  • 「お預り資産残高」、「信用取引建玉金額」は、直近3ヶ月間の月末平均残高で計算します
  • 「お預り資産残高」について、バンク&トレード契約のあるお客様は、三井住友銀行口座の残高もお預り資産残高として合算しステージ判定します

 

 
通常の2倍の抽選を得るためには250万円以上の預け入れ資金、もしくは250万円以上の信用建玉が必要です。ブロンズになりますが、ここが一番現実的だと思います。私は100万円入金しているためもう少し頑張れは届きます。でも3ヶ月継続になると入金しっぱなしは勿体ない気がしますよね。
 

3ヶ月継続は厳しいかもですね。また懸念材料として月末だけ入金する方法もどうなんだろう?と考えています。バンク&トレード契約はしていませんが、三井住友銀行口座の口座残高もステージ判断されるなら得をする方もいるはずです。
 

私は悩み中ですけど、大半の方はステージ制を狙わない可能性があります。やはり新規口座開設時が一番メリットがあるようです。これで当選できたら相当嬉しいですよね?知り合いは口座開設直後に当選し50万円近くを手に入れたためやっぱり運もあります。
 

今回のステージ制で当選確率が下がると思っていましたが、どうやら5%枠を別に用意されるみたいなのでホッとしています。当選確率が下がると申し込む機会も減りますからね。個人投資家にはプラス材料でよかっです。
 

tileltuku 主幹事を引受けする機会が多い証券会社⇒ SMBC日興証券

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ