DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
ライブスター証券IPO事前入金の必要がないため当選してから入金が可能!
抽選方法は1口座1抽選方式の完全平等抽選なんです。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ユニコーンに口座開設を行うだけでAmazonギフト券1000円が貰えます!

ユニコーンAmazonギフト券1000円

イークラウドでも口座開設でAmazonギフト券貰えます!
イークラウド


アラムコ上場は日本でも?200兆円の時価総額

アラムコ上場を日本が打診しているそうです。
IPOが個人投資家を中心に起爆剤となるそうですが、僕は難しい気がします。
需給の問題ですが、なんで日本なのよ?
そもそもが間違いのような気がするし、機関投資家はどう考えるのか?
 


 

【日本経済新聞】
巨大な原油権益を持つアラムコが上場すれば時価総額は200兆円ともいわれる。株式の5%、約10兆円分が複数の市場で上場されそうだ。18年の上場を予定し17年半ばには市場を決めるとされる。サウジ以外にニューヨーク、ロンドン、シンガポール、香港など候補となる取引所は多い。

泡沫(ほうまつ)候補だった東京市場だがトランプ米大統領の誕生で風向きが変わりつつある。親イスラエルの新政権にサウジは神経をとがらせ「ニューヨーク上場を回避するのでは」との噂が飛び交う。今春にはサウジのサルマン国王が来日する。「ゼロだった可能性が10%に高まった。逆転満塁ホームランを狙う」と東証幹部は意気軒高だ。

 

実現した場合にどうなるのかさえ解りませんが、規模が結局巨大になり過ぎて消化不良を起こしかねないと思うのですが、どうなんでしょうね。
話題性はありますが、小粒案件を20社程度上場させた方が良い気がします。
本当に活性化出来るなら有難い事ですが、厳しいんじゃないですかね。
 

ポイント ライブスター証券IPO抽選ルールと当選の秘訣 【IPO抽選に資金不要】

ライブスター証券

⇒ 岡三オンライン証券でIPOの当選をするには?前受金が不要なんです!
⇒ IPO抽選が完全抽選方式のマネックス証券が凄い理由

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ