【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券2000円分貰えます!!

バンカーズAmazonギフト券キャンペーン

※キャンペーンの詳細はこちらでまとめています


ビットコインなどの仮想通貨は投資対象なの?

ビットコインなどの仮想通貨問題が起こっています。
情報が早い方は今年の早い段階でつかんでいたと思いますが、データ処理の問題でビットコインは窮地にたたされています。
これを短期的な投資と見るか否かですが、僕も仮想通貨は少し持っているんですよね。
 


 

ビットコインはまだ損失が出ていませんが、イーサムやライトコインは損失が出ています。
そもそも仮想通貨は国に認められた通貨ではないのでなくなる時は一瞬だとリスクは解っています。だから大きなお金を投じていませんが、現在は30万位つかっています。
 

現段階では損失まで行きませんが、8月問題がどうなるのかな~
と気になっています。
 

【ブルームバーグ】
ビットコインの内戦とでも言おうか。舞台裏で過去2年ほどシステムづくりに重要な役割を果たしてきた複数の専門家集団が、今月末に2つの対立するソフトウエア更新を行う予定だからだ。これによってビットコインは2つに割れる可能性があり、実際そうなれば410億ドル(約4兆6900億円)の市場に衝撃が走る前代未聞の出来事になる。
双方にコンセンサスを探るインセンティブはあるものの、ビットコインには中央で管理する当局が不在で、妥協を難しくしてきた。これまでの一部始終を見守ってきたプロのトレーダーでさえ、最終的にどうなるのか見当がつかない状況だ。助言と言えば、ボラティリティーに備え、はっきりした結果が出たら迅速に行動できるようにしておくことだという。
元シティグループのマーケットメーカーで現在は香港でビットコインのデリバティブ(金融派生商品)取引所ビットメックスを運営するアーサー・ヘイズ氏は「大金がかかったチキンレースだ」と話す。「何が起きるか、不透明感が非常に強い。どうなるのか明確なシグナルがいったん出れば、ものすごい速さで値動きが起きる可能性がある」と付け加えた。

 

これにより下落傾向になっていますが、今から投資をされる方は逆にチャンスだと思います。
本当にチキンレースになりますが、そこ10万円くらいならリスクに乗っかるのもいいかな~と思っています。ビットコインの発行上限数が決まっているためですが、投資をされる方はリスクを解った上で投資をした方がよいと思います。
ただのデータですからね。
 

10万円が100万円になる可能性もありますが、仮想通貨詐欺が横行しているので色々と気を付けましょうね!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ