IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



エコモット(3987)IPOアンビシャス新規上場承認 【地方だが良いね】

エコモット(3987)IPOがアンビシャスに新規上場承認されました。
地方上場ですが人気が出そうなIoTを手がけるITベンチャー企業です!
クラウドやアプリケーションの運用やサービスも行っています。
 


 

業 種 情報・通信業
上場市場 札証アンビシャス
公開予定 6月21日予定
BB期間 6月02日~6月08日
仮条件 5月31日
想定価格 2500円
公開価格 6月09日
公募株数 12,000株
売出株数 150,000株
公開株式数 162,000株
OA売出 24,000株
引受幹事 岡三証券 岡三オンライン?
SMBC日興証券
SBI証券
上光証券
松井証券
SMBCフレンド証券
エイチ・エス証券

 

【事業内容】

当社は、IoTを通じてより安心な社会の実現に貢献するため、「あなたの『見える』を、みんなの安心に。」というコーポレートスローガンを掲げ、「IoTインテグレーション事業」を展開しております。IoTとは、Internet of Thingsの略で、「モノのインターネット化」と訳されます。コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々なモノに通信機能を持たせ、インターネットへの接続や相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行います。当社は、IoTソリューションの企画及びこれに付随する端末製造、通信インフラ、アプリケーション開発並びにクラウドサービスの運用・保守に関する業務をワンストップで提供する事業を展開しております。

 


 

独自のソリューションにより、IoTとクラウドを活用している企業になります。
主力はインテグレーション事業になり、独自のIoTプラットフォームである「FASTIO]を基盤としてサービスを提供しています。
 

IoTによる大量のデータをリアルタイムかつ効率的に扱うことができ、クラウドの実装で通信インフラやソフトのインストールが不要になるそうです。結果的にコストダウンにつながるそうです!
 

ポイント SMBC日興証券でIPOの当選をするには?IPO抽選ルール

⇒ IPO抽選が完全抽選方式のマネックス証券が凄い理由
⇒ 東海東京証券でIPOの当選をする方法とIPO抽選ルール!
 

エコモット初値予想とIPO分析をざっくり考えてみる

北海道札幌市中央区北一条東本社になり、会社設立は2007年2月です。
社長は入澤拓也氏、従業員数は58人で平均年齢は37.1歳、平均勤続年数は3.3年、年間平均給与約416万円となります。
会社設立から10年経過していますが、売上げは伸び続けているので今後も期待できそうです!
初期投資に資金がかかりそうですが、件数の獲得により利益がだいぶ伸びそうですね~
 


 

ロックアップは90日間と180日間に分かれていますが、90日間分はベンチャーキャピタルに対しロックアップ解除1.5倍となっています。
公開株数に対してウェイトが多そうですが、株数自体は少ないです。
流動性の問題だと思いますが初値段階でそれなりに買いが入り1.5倍を吸収できるのか見ものでもある
 

吸収金額は約4億円、オーバーアロットメントを含めても約4.6億円です。
アンビシャス上場を考えると吸収額が多そうな気もしますが、人気業種のため買い先行になるでしょう~
岡三証券が主幹事をすると公募割れしないイメージがありますね。
 

tileltuku IPO抽選に前受金不要で参加できる大切な企業! キャンペーンあり

岡三オンライン証券

※岡三オンライン証券でIPOの当選をするには?IPO抽選ルール

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ