IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



AWSホールディングスではSBI証券IPOチャレンジポイント使わない。

AWSホールディングス(3937)がプラチナIPOだと言われていますけど、初値2.5倍が限界だと思っています。
 

AWSホールディングス(3937)IPO初値予想は3倍?
 

主幹事がSBI証券なのでここから申し込むのは鉄板ですが、複数配分狙いも厳しいかもですね。
複数配分を狙うには200ポイントくらいは必要だと思います。
 

仮条件上限が2490円に引き上げられ初値2.5倍と想定しても6225円です。
差引37万円程度なので微妙かな~
本当に200株配分が行われると心配ないですが、株数が少ないのでどうなるのか解りません。
 

と言う事で200ポイントつぎ込むのはやめます。
150ポイントくらいならいいかもしれませんが、全然どうなるのか解らないので、無理はしまい!
どちらかと言うとストライク(6196)の方が人気化しそうな気がしています。
どちらもSBI証券は絡んでいますが、複数配分が行われる時も多いので悩みますよね。
 

tileltuku 確実にポイントを貯めながらIPOに参加できる!⇒ SBI証券

※SBI証券のIPO抽選の申込とIPOチャレンジポイントとは?

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ