岡三オンライン証券2,000円タイアップ IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

岡三オンライン証券タイアップ特典付きました!!【2,000円GET】
岡三オンライン証券タイアップ画像

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPOがマザーズに新規上場承認されました。SNSなどのアンバサダー(一般消費者や利用者)を利用した事業を行っている企業です。クライアント数が増え続けているため今後の提携次第で売上増加につながりそうです!
 

数年前までは赤字だったようですが、着実に前進しているイメージですね。注目ポイントは上場規模が約3.8億円と小さいことです!
 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPO新規上場
 

株数もオーバーアロットメントを合わせて142,600株しかないため超激戦となりそうです。初値2倍以上は確実でしょう。3倍も普通にあり得るかもしれません。主幹事はみずほ証券となっています。ただし、株主にベンチャーキャピタルが多いのは注意が必要です。
 

業 種 サービス業
上場市場 マザーズ
公開予定 3月28日
BB期間 3月09日~3月15日
企業ホームページ http://agilemedia.jp/
事業の内容 ソーシャルメディアや体験を通じたファン発見・活性化・分析サービス「アンバサダープログラム」の提供

 

【手取金の使途】

手取概算額160,016千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限45,175千円と合わせた、手取概算額合計上限205,191千円を、基幹システムの機能強化及びシステムインフラの強化、広告宣伝費、人材採用費に充当する予定であります。具体的には、アンバサダープラットフォームの機能とセキュリティ対策強化費用、システムインフラの強化費用として、平成30年12月期に110,000千円、平成31年12月期に55,191千円を充当する予定であります。また、平成30年12月期において、自社主催のセミナー開催のための広告宣伝費に24,000千円、人材の採用費に16,000千円を充当する予定であります。

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPOの業績と事業内容

売上が拡大傾向にあるようですが、利益が不安定なのかもしれません。今期の業績はデータを見ると最高益となりそうです。アンバサダーとは、好きな企業や製品について自発的に口コミ(推奨)するファンのことを指します。
 

そのアンバサダーと提携し、情報やきっかけを提供、そして口コミを広げるとともにデータ収集を行います。
 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)の業績推移画像
 

企業の収益は、システム利用料と事務局運営料の月額基本料、イベントやサンプリング・SNS投稿企画などの施策実施料になります。オンライン上だけでなくオフライン(イベント等)でも活動できる特徴があります。
 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)収益構造
 

データの蓄積が事業の収益拡大に結び付き、実績を作ることで新しいクライアント獲得につながりそうです。その他にも官公庁やインバウンドへの利用、海外言語などのプログラム実施による展開も見据えているようです。
 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 2,640円
仮条件 2,800円~3,000円
公開価格 3月16日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約3.3億円です。
オーバーアロットメントを含めると約3.8億円になります。かなり上場規模が小さく買い殺到の可能性が高そうです。
 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 70,000株
売出株数 54,000株
公開株式数 124,000株
OA売出 18,600株
引受幹事 みずほ証券(主幹事)
岡三証券
SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
極東証券

 

当選は難しそうですが、口座があるところからすべて申込みをするかたちになりそうです。岡三オンライン証券でも募集が行われると思います。前受け金不要なので口座があれば忘れずに申込ましょう~
 


 

 
会社設立は2007年02月、東京都港区虎ノ門3-8-21に本社があります。
社長は上田怜史氏で株式保有率は低く10.9%、従業員数は49人で平均年齢35.5歳、平均勤続年数3.3年、平均年間給与約794万円です。
 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
MICイノベーション3号投資事業有限責任組合 107,840株 16.43%
MICアジアテクノロジー投資事業有限責任組合 107,140株 16.33%
徳力 基彦 81,400株 12.40%
上田 怜史 71,500株 10.90%
NTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合 64,000株 9.75%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人であるMICイノベーション3号投資事業有限責任組合及びMICイノベーション4号投資事業有限責任組合並びに当社株主であるMICアジアテクノロジー投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の平成30年6月25日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。

 

その他、別途180日間(平成30年9月23日)のロックアップが一部の株主に付与されています。VCではNTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合と電通デジタル投資事業有限責任組合の名前があります。マイナビなどの名前もありました。
 

アジャイルメディア・ネットワークIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
みずほ証券(主幹事) 101,900株
岡三証券 9,900株
SBI証券 8,600株
SMBC日興証券 2,400株
エース証券 600株
極東証券 600株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

アジャイルメディア・ネットワークIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 8,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 7,200円~8,000円
※仮条件発表後
 

アジャイルメディア・ネットワークIPOの大手初値予想

5,500円~6,300円
 

アジャイルメディア・ネットワークIPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成22年5月31日~
平成30年5月30日
800株
発行価格2,000円
平成22年11月06日~
平成30年11月05日
200株
発行価格2,000円
平成27年3月23日~
平成35年3月22日
14,800株
発行価格1,875円
平成30年3月31日~
平成38年3月30日
42,500株
発行価格2,100円
平成28年6月29日~
平成38年3月30日
13,960株
発行価格2,100円

 
ロックアップ期間は90日分に解除倍率1.5倍設定、180日分に解除倍率の設定なしとなっています。ベンチャーキャピタルも初値売りしないパータンでしょうか?どこかで売ってくると思いますが、上場初日には売ってこないでしょう。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の654,000株から算出すると想定価格ベースで約17.27億円になります。
 

時価総額でもかなり軽い銘柄なので買収も?と思ってしまいました。売上はまだ5.5億円程度なので高い買い物でしょうけど・・・
投資キャッシュフローを見ると毎年3千万~4千万くらい自己投資しているようですね。
 

なんだかんだ言っても需給的に買い優勢間違いなしだと思われるため大きく初値上昇しそうです。上場当日に初値はつかず翌日に持越しでしょう!当選したいけど抽選に並ぶしか方法がありません。
 

tileltuku アジャイルメディア・ネットワーク幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ