【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
STREAMアプリから口座開設するだけで5000円分の株が貰えます!!

STREAM(ストリーム)5,000円分の株が貰えるキャンペーン


ボードルア上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

ボードルアIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はマザーズで主幹事はSMBC日興証券が引受けます。
 

上場規模は約29.8億円で公開株数1,400,200株、オーバーアロットメント210,000株です。想定発行価格は1,850円になっています。
 

ボードルア上場とIPO初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場マザーズ
上場日11月30日
BB期間11月12日~11月18日
企業ホームページhttps://www.baudroie.jp/
事業の内容ITインフラストラクチャにおけるクラウド導入支援、5G/IoT対応ネットワークインテグレーション及びセキュリティ構築運用等

 

ボードルアIPOの業績と事業内容

ボードルアはITインフラストラクチャにおける、コンサルティングから保守運用まで、高度な顧客ニーズに応えるサービスと技術を提供しています。
 

ITインフラストラクチャの新規導入やシステム更改における現状の課題や要望をヒアリング、要件定義を行い設計しています。
 

得意分野である基本的なネットワーク・サーバーの構築の他、近年需要が高い仮想化、ロードバランサー、セキュリティ、ワイヤレスなど、オンプレミス・クラウドどちらの環境上でも設計・検証・構築を支援。構築後は、導入、運用もサービス提供しています。
 

ボードルアIPOの業績
 

ボードルアIPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,850円
仮条件1,850円~2,000円
公開価格11月19日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約25.9億円です。オーバーアロットメントを含めると約29.8億円になります。
 

上場規模が少し大きめなので初値はそこまで期待できないかもしれません。でもIT系の企業なので人気はあると思います。
 

ボードルアIPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数590,000株
売出株数810,200株
公開株式数1,400,200株
OA売出210,000株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
野村證券
いちよし証券
松井証券
楽天証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
SMBC日興証券が主幹事なので狙っていきましょう。当選すれば10万円程度の利益期待ができると考えています。5GやIoT、クラウドやセキュリティーなどIPOでは人気ですからね。
 


 
ボードルアの会社設立は2007年4月20日、本社住所は東京都港区赤坂九丁目7番1号、社長は冨永重寛氏(40歳)です。※2021年10月28日時点
 

従業員数は639人(臨時雇用者0人)、平均年齢27.4歳、平均勤続年数3.2年、平均年間給与約365万円です。
 

ボードルアIPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
冨永 重寛4,391,590株59.17%
藤井 和也1,696,750株22.86%
程島 義明439,160株5.92%
小林 剛士400,000株5.39%
三幣 尚史100,000株1.35%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である冨永重寛、藤井和也、売出人である程島義明、小林剛士、三幣尚史、森谷岳史、森元嗣、松澤一応、当社株主である藤ヶ崎剛、株式会社エクソンホールディングス、榎村裕及び当社新株予約権者である汐留パートナーズ株式会社、~中略~ は、SMBC日興証券株式会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しにかかる元引受契約締結日に始まり、上場日から起算して180日目の2022年5月28日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利を有する有価証券の発行、譲渡又は売却等を行わない旨を約束しております。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)1,260,200株90.00%
みずほ証券42,000株3.00%
SBI証券28,000株2.00%
野村證券28,000株2.00%
いちよし証券14,000株1.00%
松井証券14,000株1.00%
楽天証券14,000株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 2,300円~2,800円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,400円~2,600円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ボードルアの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想2,000円~2,800円
修正値2,500円~2,700円
 

公開株数が多く利益見込みがあるため全力で獲得を目指したいIPOです。エンジニア集団による運営で業績も好調のため買われるでしょう。
 

20222年2月期の業績予想は売上39.20億円で経常利益6.41億円としっかりの印象です。前期比は売上27.10%増、経常利益18.27%増です。
 

四半期利益は4.79億円予想なので前期比15.42%増です。順調に業績拡大となるため安定感がありるようです。EPS65.23となるためPERは30.66倍になります。BPS358.57からPBRは5.58倍です。
 

公開価格割れはないでしょう!
 

ボードルアIPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2020年6月01日~2030年5月31日25,200株
発行価格82円
2022年2月28日~2030年2月18日184,600株
発行価格105円
2023年3月01日~2030年2月18日12,600株
発行価格689円

 
ロックアップは180日目(2022年5月28日)、ロックアップ解除倍率は設定されていません。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の7,790,000株から算出すると想定価格ベースで約144.1億円になります。
 

tileltuku ボードルア(4413)主幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ