【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
融資型クラファン大手のFunds(ファンズ)に68万円投資してみました!!

Funds

【評価】ビジネスコーチ(9562)IPOの上場と初値予想

ビジネスコーチ(9562)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はSMBC日興証券が引受けます。
 

上場規模は約6.3億円で公開株数265,900株、オーバーアロットメント39,800株です。想定発行価格は2,070円になっています。
 

人気がありそうなIPOが登場したようです!
 

ビジネスコーチ(9562)IPOの上場
 

業 種サービス業
上場市場グロース市場
上場日10月20日
BB期間10月04日~10月11日
企業ホームページhttps://www.businesscoach.co.jp/
事業の内容トップマネジメントからビジネスパーソンまでを対象としたビジネスコーチング及び人的資本開発に関するプログラムの提供

 

ビジネスコーチ(9562)IPOの業績と事業内容

同社はは2021年9月に、創業時のミッションを時代の変化に対応して見直し、「一人ひとりの多様な魅力、想い、能力の発揮を支援し、働く人が幸せを感じられる社会の持続的発展を可能にする」ことをパーパスとし事業を展開しています。
 

ビジネスコーチングは、特定の業種・事業分野のスキル向上を目的としたものではなく、ビジネス全般のあらゆるシーンにおいて、経営層から新入社員まで、ビジネスパーソンの一人ひとりの力を最大限に引き出すアプローチで実施するサービスです。
 

ビジネスコーチ(9562)の業績
 

ビジネスコーチ(9562)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格2,070円
仮条件10月03日
公開価格10月12日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約5.5億円です。オーバーアロットメントを含めると約6.3億円になります。
 

上場規模が小さく公開株数も少ないため争奪戦になると思います。IPOに当選した場合の利益は期待できそうです。
 

ビジネスコーチ(9562)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数136,000株
売出株数129,900株
公開株式数265,900株
OA売出39,800株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
岡三証券
マネックス証券
楽天証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券

 
主幹事狙いのIPOなので平幹事からの当選は難しそうです。公開株数がOAを含めても30万株程度しかありません。
 

SMBC日興証券からの申込を忘れると当選が遠のくパターンだと思います。申込んでも当選確率は低そうです。
 


 
ビジネスコーチの会社設立は2005年4月06日、本社住所は東京都千代田区麹町二丁目2番地、社長は細川馨氏(64歳)です。※2022年9月23日時点
 

従業員数は41人(臨時雇用者0人)、平均年齢36.4歳、平均勤続年数3.3年、平均年間給与約629万円です。
 

ビジネスコーチ(9562)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
有限会社コーチ・エフ442,000株44.20%
細川 馨150,000株15.00%
橋場 剛96,900株9.69%
田中 広道30,000株3.00%
諸橋 奈々22,000株2.20%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年4月17日)で解除倍率は設定されていません。ロックアップ率は高くなっています。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)244,900株92.10%
SBI証券13,200株4.96%
岡三証券2,600株0.98%
マネックス証券2,600株0.98%
楽天証券2,600株0.98%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 2,500円~3,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 未
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ビジネスコーチの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想2,500円~3,000円
 

予想外に低い数値が出ていました。どうやら機関投資家が手を出すようなIPOではなさそうです。
 

PER自体は低めなので初値2倍は需要が高まればいけそうな気もします。人材開発業界でも規模が小さくイマイチみたいです。
 

ビジネスコーチ(9562)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2018年6月02日~2025年9月30日24,000株
発行価格600円
2020年6月02日~2027年9月30日8,000株
発行価格680円

 
ロックアップは32,000株の全てが行使期限を迎えています。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の1,104,000株から算出すると想定価格ベースで約22.9億円になります。
 

業績規模がもっと多きければ需要が高まるようなんですけど、どうなるでしょうね。
 

今期の業績を確認すると人員が増えても費用に圧迫され増収減益になっていました。これは残念ですね。
 

しかし配当が48円予定され配当利回りが2.32%程度になります。業種的には高PERが許されるためPER20倍~PER30倍は行けると思うんですけどね。
 

DMM.com証券では株式新聞を無料で見れるのでその方法を記事にしています。1年間で52,800円(税込)分の情報を完全無料で見れます。
 

IPOの初値予想も見れるるけど一般の株式情報も見れるので投資判断にも役に立ちます!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ