IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

CREロジスティクスファンド投資法人(3487)仮条件上振れでも気をつけろ

CREロジスティクスファンド投資法人(3487)の仮条件が発表されました。
2,000円の上振れとなり上限の110,000円で決定すれば2.1億円もの資金がさらに吸収されます。

リートIPOの場合は仮条件の上限に決定した場合でも公開価格割れは普通に起こり得るため慎重にならないといけません。
 


 

仮条件が引き上げられたことは安心要因につながりますが、公開価格割れを起こすことも十分考えられます。安易に沢山の配分を受けるのは危険かもしれません。
仮条件が上限に決まっても公開価格割れをすることがあります。
 

2017年のリートIPOデータを確認すると4件のリート上場が行われ、仮条件上限に決まった銘柄は公開価格を超えています。
銘柄名は森トラスト・ホテルリート投資法人(3478)と三菱地所物流リート投資法人(3481)です。どちらも名前が知れ渡るリートなので公開価格割れを起こすこと自体が考えられない気もします。
 

2016年のデータを確認すると、リート上場は9件行われており、公開価格割れは7件にもなります。その中で仮条件上限で決まったにも関わらず公開価格割れをした銘柄は3件です。
今回は物流施設特化型REITなのでだいぶ安心できますが、初値利益が出るだろうか?
そういいながらも当選を狙いますけどね!
 

世紀IPOが上場承認を取り消したため買い需要がCREロジスティクスファンドに向かうと初値利益も出そうですが、イベントとして参戦する方はどれだけいるのだろうか?
 

ケネディクスがシーアールイーへ15%出資

ケネディクスがシーアールイーへ15%を出資していますが、今回の上場に際して取得する7物件の取得額は477億円になります。しかもスポンサーであるシーアールイーの開発物件です。
 

上場後の資産は1,000億円規模を目指す目標が既にたてられています。
リートでは人気の物流施設特化型なので参加しますが、ザイマックス・リート投資法人はパスしてもよいかな~
と考えています。どちらもSMBC日興証券が主幹事なので申し込めばかなりの確率で当選すると思います。
 

リートIPOで利益を出したいなら複数株の取得を目指さないといけませんが、度胸がないです(笑)
目標口数は3口~5口ならよいと思います。ただネット応募だと2口くらいしか取れないかな?と思います。野村證券や大和証券の配分は渋い気がします。
 

案外、三菱あたりが狙い目かもしれませんね。
委託販売でカブドットコム証券も取り扱いがあるため、口座がある方は申し込んでみると面白そうです。
後期型IPOを採用しているため、他の口座で落選してからの申込みも可能です。
 


 
当選狙いなら主幹事のSMBC日興証券は外せません。

2月に入る前からIPO承認がどんどん出てくると思うので口座の準備はしておきたいところです。
私も口座開設をしたい企業があるため今月中に頑張ります。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ