岡三オンライン証券タイアップ IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
マネックス証券IPO 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ

岡三オンライン証券タイアップ特典付きました!!【3,000円GET】
岡三オンライン証券タイアップセンター

CREロジスティクスファンド投資法人(3487)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

CREロジスティクスファンド投資法人(3487)が新規上場承認されました。
物流施設リートになり、ケネディクスと資本提携もしている企業です。
上場規模は230億円規模になるためリートの上場では小粒と言ってよいでしょう。主幹事はSMBC日興証券なのでインターネット口座でも当選確率は高いと思います。
 


 

上場市場 東証REIT
公開予定 2月07日
BB期間 1月24日~1月29日
企業ホームページ https://www.cre-jpn.com/

 

【手取金の使途】

一般募集における手取金17,404,200,000円については、後記「第二部 ファンド情報 第1 ファンドの状況 2 投資方針 (1) 投資方針 ② 本投資法人のポートフォリオの概要 (イ) ポートフォリオ c. ポートフォリオ一覧(取得予定資産取得後)」に定義する取得予定資産の取得資金の一部に充当予定

 

CREロジスティクスファンド投資法人(3487)IPOの業績と事業内容

CREロジスティクスファンドのデータを見るとよさそうな感じがします。
NOI鑑定利回りは5%となっているため高利回りです。
 


 

物件のエリアは首都圏が70%で30%がその他(地方)となっています。
LTVは45%をめどにし、最大でも50%を上限として運営すると目論見にあります。
 

分配金はブックビルディング時に店頭電話で聞きたいと考えていますが、現在のところ第1期で2,283円、第2期で2,534円が支払われています。
 

【追記】
CREロジスティクスファンドの分配金は2018年6月に2,212円、12月に2,921円の予定となっています。
利益超過分も予定されているようです。
含めると6月が2,539円となり、12月が3,294円です。

CREロジスティクスファンド投資法人(3487)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 108,000円
仮条件 108,000円~110,000円
公開価格 1月30日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約219.3億円です。
オーバーアロットメントを含めると約230億円になります。
 

リート指数も戻りつつあるため上場タイミングはよいと思います。
また、物流施設IPOになり下値不安もないでしょう!インフラリートは不人気ですが、物流施設系のリートは人気です。ネット注文による物流増が後押ししているようです。
 

CREロジスティクスファンド投資法人(3487)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 161,150口
売出株数 41,900口
公開株式数 203,050口
OA売出 10,153口
引受幹事 SMBC日興証券(主幹事)
野村證券
大和証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
カブドットコム証券

 
当選狙いなら主幹事のSMBC日興証券です。
公開株数は多いためその他の幹事からの申込みでも当選確率は高いと思います。リートIPOになると利益があまり出ないため申し込みをしない方もいるため、当選確率は高めです。
 


 
CREグループは50年以上の実績がある企業です。
物件管理実績は1,400物件、458万m2の管理実績があります。また、テナントリレーションは1,000社を超える実績があります。
 

CREロジスティクスファンド投資法人(3487)IPOの初値予想

CREロジスティクスファンドの売出人は下記の企業になります。
リートの売出しに関連企業外が絡むのも珍しいような気がします。上場ゴール的なイメージはなく今後もある程度人気になるリートだと思います。
現時点で格付けは付いていません。
 


 

CREロジスティクスファンド投資法人IPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
SMBC日興証券(主幹事) 75%
野村證券 10%
大和証券 10%
みずほ証券 2.5%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 2.5%

※目論見の訂正事項発表後に株数を記載、委託幹事は記載なし
 

CREロジスティクスファンド投資法人IPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 115,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 118,000円
※仮条件発表後
 

CREロジスティクスファンド投資法人IPOの大手初値予想

未定(施策)
 

CREロジスティクスファンド投資法人(3487)IPOを個人的に分析してみました

リート市場に人気は戻りつつあります。
しかし、高値を狙いに行くような材料も無いため銘柄別に強弱が付いているように思います。
 

CREロジスティクスファンドの初値はそこそこ期待が出来そうですが、過度の期待はしないほうがよいでしょう。
同じ物流系のリートで三菱地所物流リート投資法人(3481)が上場した初値の騰落率は+5.38%でした。三菱地所の名前が付いて5.38%なので今回は2%~3%の上昇だと良いのではないでしょうか。
 

ご祝儀相場になりもう少し上振れした利益になればよいと思いますが、そんなに甘くはないでしょう。
 

tileltuku CREロジスティクスファンド主幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

ビットコイン仮想通貨について説明

Twitter始めました

このページの先頭へ