IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



イオレ(2334)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

イオレ(2334)IPOが新規上場承認されました。

SBI証券主幹事で吸収金額が少ないIPOが登場しました。この銘柄は間違いないと言ってよいほど人気になると思います。
らくらく連絡網が有名ですが、CMでおなじみのindeed(インディード)の広告代理運用事業も行っています。

indeedは世界で50以上の国と地域で月間1億8000万人の利用者を誇る求人検索エンジンにまで成長しているそうです!
 


 

業 種 サービス業
上場市場 東証マザーズ
公開予定 12月15日
BB期間 11月29日~12月05日
企業ホームページ http://www.eole.co.jp/

 

【事業の内容】

グループコミュニケーション支援サービス「らくらく連絡網」及びプライベートDMPサービス「pinpoint」を中心とするインターネットメディア関連事業

 

【手取金の使途】

手取概算額223,264千円については、①当社が運営するサービスに係るデータベースやシステム開発のための設備資金に152,264千円、②既存事業拡大のための営業及び開発に係る人材採用費並びに戦略的な事業規模拡大のための広告宣伝費等の過年度からの増加分の一部として71,000千円を充当する予定であります。

 

イオレ(2334)IPOの業績と事業内容


 


 

らくらく連絡網という無料のグループ支援サービスを展開している企業です。またスペックが高い有料版もあります。
その他に自社サービスのインターネットメディア関連事業として「pinpoint」というDMPサービスも行っています。
 

らくらく連絡網とは、団体やグループでの活動に必要な出欠確認や日程調整、アンケート、安否確認等を、メールの一斉送信でカンタンに行うことができる無料のグループコミュニケーション支援サービスのことです。
 


 

【公式サイトより】

38万団体、670万人(※1)が利用中の連絡網サービスです。団体活動に必要不可欠な出欠確認、日程調整などが簡単にできるほか、アンケートや安否確認などの役立つ機能も満載で、大学生の4人に1人はらくらく連絡網のユーザーです。また、サークルや部活動以外でも、幼稚園、PTAの連絡などで利用されています。

 


 

pinpointとは、自社及び提携パートナーが独自に保有する属性が明らかな1,000万人以上のユーザーデータや各媒体に蓄積されたユーザーデータを活用して、精密なセグメント設定によって本当に届けたいターゲット属性への広告配信を可能とするDSP広告サービスのことです。
 

イオレ(2334)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 1,780円
仮条件 11月27日
公開価格 12月06日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約4.5億円です。
オーバーアロットメントを含めると約5.2億円になります。
上場規模も小さく人気となる要素がある企業です。
 

IPOチャレンジポイントを使って申し込みをしたいと考えていますがハードルは高いのかもしれません。
ただし複数当選になる可能性は低い気がするんですけど?
200株なら使いたいですが100株だと躊躇しますね。これから過去のデータを見ながら検討します。
 


 

イオレ(2334)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 140,000株
売出株数 115,000株
公開株式数 255,000株
OA売出 38,200株
引受幹事 SBI証券(主幹事)
みずほ証券
SMBC日興証券
マネックス証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
極東証券
東洋証券
むさし証券

 

株数からして主幹事狙いになります。
公募株数が140,000株なので他の証券会社だとマネックス証券から申し込めば当選確率が少し上がります。むさし証券は前受け金不要なので申し込みをしておいて損はありません。
 


 


 
東京都港区高輪に本社があり、会社設立は2001年4月です。
社長は吉田直人氏、従業員数73人、平均年齢32.2歳、平均勤続年数3.6年、平均年間給与約493万円です。
吉田直人氏の代表者経歴を見るといろんな会社の取締役をされているようです。凄いですね~
ザッパラス(3770)なども2000年に代表取締役社長になっているようです。現在は違う方みたいです。
 

イオレ(2334)IPOの初値予想


※株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、当社の取締役である吉田直人、当社の取締役であり売出人である小川誠、中井陽子、一條武久、当社の監査役である大山亨、田島正広及び当社株主である凸版印刷株式会社、株式会社KEIアドバンス、株式会社アルファステップ、本郷孔洋、株式会社毎日コムネット、Hongo holdings株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月14日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し等を除く。)は行わない旨合意しております。

 

イオレIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
SBI証券(主幹事) -株
みずほ証券 -株
SMBC日興証券 -株
マネックス証券 -株
藍澤證券 -株
岩井コスモ証券 -株
極東証券 -株
東洋証券 -株
むさし証券 -株

※目論見の訂正事項発表後に株数を記載、委託幹事は記載なし
 

イオレIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 4,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 仮条件発表後
※仮条件発表後
 

イオレIPOの大手初値予想

未定(施策)
 

イオレ(2334)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成18年5月21日~
平成38年3月31日
164,000株
発行価格670円
平成25年6月10日~
平成32年6月29日
20,000株
発行価格670円
平成25年6月10日~
平成32年6月29日
13,700株
発行価格670円
平成27年6月14日~
平成34年6月27日
15,400株
発行価格670円
平成31年3月16日~
平成39年3月15日
73,500株
発行価格1,200円

 
ロックアップは90日間、ロックアップ解除倍率の記載はありません。
ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,270,900株から算出すると想定価格ベースで約40.4億円になります。
 

事業収益は思ったほどありませんが、売り上げの伸びはベンチャー企業らしい伸び率です。
今後は収益次第だと思いますが、アプリ系だとマネーフォワードが人気となりその後も株価が下落していないことを考えてもイオレの初値期待はできそうです。
 

皆さん悩むと思いますが、SBI証券のIPOチャレンジポイントを使うかどうかですよね。
100株配分で250P~300P?
初値利益が30万円だとポイントの使用は避けるべき?そうなると自然とボーダーラインが230Pあたりになるのかも?
 

初値は文句なしの2倍以上でしょうから、積極的に申し込みをしたいと思います。
 

tileltuku 確実にポイントを貯めながらIPOに参加できる!⇒ SBI証券

※SBI証券IPO抽選の申込とIPO当選を狙う必須条件とは?

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ