IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



LINEがIPO(新規上場)をする!買い需要はあるので初値はプラス

LINEがIPO(新規上場)をするニュースが沢山出ています。
新規上場承認はまだなのに初値予想サイトもあるのはいかがなものか?
 

LINEIPO確定
 

7月に上場するという事は6月にIPO承認が行われます。
上場するには1ヶ月程度前に発表があり、主幹事や幹事、そして株数や価格設定など色々と発表が行われます。

 

【Kabutan】
スマートフォン(スマホ)向け無料通信アプリを手掛けるLINE(東京都渋谷区)が7月にも東京証券取引所に上場すると複数のメディアが報じたことで、“LINE関連”とされる銘柄群に買いが集まった。LINEは2014年以来、上場を視野に入れながらも見送ってきた経緯がある。また、ニューヨーク証券取引所にも、東証とほぼ同時に上場を目指すという。

LINEは、韓国のインターネット大手ネイバーの日本子会社。11年に無料通話アプリの提供をスタートし、日本や台湾、タイを中心に世界の月間利用者数は2億1840万人(今年3月末現在)に達している。

LINEの上場時の株式時価総額は6000億円程度と見られ、今年の新規株式公開(IPO)としては最大規模になる見通しだ。ただ、最初に上場が取りざたされた14年当時には、市場関係者のあいだで「時価総額は1兆円を上回る」とされていただけに、それに比べると大きく減少したことになる。

 

LINE上場で賑わう銘柄も多く先回り買いをしている人も多いようです。
ただし投機的な投資家が多くリスキーなので負けたら撤退した方がいいかもですね。
私はLINEの幹事に入るとされている企業の口座開設でもしておきます。
 

マネックス証券SBI証券は幹事に入ることが濃厚みたいですね。
カブドットコム証券GMOクリック証券?もあるサイトに出ていました。ホント?
また大手証券はすべて絡んでくるでしょう。
 

東海東京証券は郵政グループ主幹事もしたので今回も絡んできますかね!
LINE上場は超メジャーな企業なので、保有しているとヤフーや楽天みたいに化けるかもですよ~
 

既にIPO関連では賑わっているので、初値売りでも利益が転がり込むか?
利益が鈍化しているとありますが、買い需要は多そうです。
メディアが宣伝するともっとお祭りになると思います!
 

tileltuku 主幹事や幹事を多数引受ける企業でIPO口座はまだ少ない穴場企業!

⇒ 東海東京証券

※東海東京証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ