岡三オンライン証券2,000円タイアップ IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
マネックス証券IPO 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】
シストレ24タイアップ特典13,000円

岡三オンライン証券タイアップ特典付きました!!【2,000円GET】
岡三オンライン証券タイアップ画像

メルカリ(4385)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

メルカリ(4385)IPOが新規上場承認されました。主幹事は大和証券でグローバルオファリング銘柄となります。公開株数は40,714,300株と非常に多く新興市場では別格扱いとなりそうです。マザーズに上場予定となりますが、時価総額は1位になる可能性があります。仮条件は6月01日発表となります。
 

投資を考えている方でメルカリを知らない人は殆どいないと思うほどのメジャー企業です。一部の報道では黒字化もあり得るという報道もありましたが、どうやら第3四半期現在でも-34.3億円ほど赤字のようです。売上は拡大していますが何が原因なのでしょうか?
 

メルカリ(4385)IPO上場と初値予想
 

日本とアメリカの累計ダウンロード数が1億ダウンロードを突破したそうですが、収益は日本が大きく締めています。今後は海外での収益拡大を目指す動きもあるようです。
 

業 種 情報・通信業
上場市場 マザーズ
公開予定 6月19日
BB期間 6月04日~6月08日
企業ホームページ https://about.mercari.com/
事業の内容 CtoCマーケットプレイス「メルカリ」その他のマーケットプレイス関連事業の開発・運営等

 

【手取金の使途】

差引手取概算額10,267百万円及び前記「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限6,799百万円については、海外募集における差引手取概算額33,833百万円と併せて、連結子会社への投融資を含めた当社グループの運転資金として11,324百万円を、借入金の返済資金として29,781百万円を充当する予定であります。

当社グループの運転資金については、日本及び海外において当社グループが運営するCtoCマーケットプレイス「メルカリ」等のユーザ数拡大に向けたオンライン広告、TVCM、キャンペーン等に係るポイント付与等の広告宣伝費として11,324百万円を充当する予定であります。

なお、残額は将来におけるサービス付加価値向上のための広告宣伝費、開発に係る人件費等の投資資金等に充当する方針でありますが、当該内容等について具体化している事項はなく、具体的な資金需要が発生し、支払時期が決定するまでは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

 

メルカリ(4385)IPOの業績と事業内容

今年最大規模の上場になるメルカリがついに上場です。待ちに待った気がしますが赤字企業でした。しかし、ユニコーン企業なのでシステムを使う方が増えれば増えるだけ収益も増える構造です。ここに期待するほかありません。
 

売上伸び率は非常に良いと感じます。しかし、これから日本での伸びは鈍化する可能性があるため海外強化なのかもしれません。日本では楽天がラクマとして似たようなシステムを開始したことから上場を考えるとよい時期でしょう。
 

メルカリ(4385)IPO業績と評判
 

メルカリはスマートフォンに特化したアプリになります。
使い方は簡単なのスマートフォンを触れる方のほとんどは使えるはずです。個人間の取引(CtoCマーケットプレイス)を使うことで簡単そして手軽に中古品の売買ができます。
 

ヤフーオークションとも比較されそうですが、オークションほどの手間はないためそこが人気だと思います。身近にあるスマートフォンで簡単に出品できることが最大の魅力、ただし高く売りたい方はそれなりにしっかりとした画像を取るための準備が必要です。
 

メルカリIPOの人気
 

売買の仕組みは上記のようになります。目論見を基に説明すると出品は簡単なプロセスで行うことができ、3分以内に出品が可能だそうです。できると思うけど、文字を打つのが苦手なので10分くらいかかりそうです(笑)また配送オプションを選択をするだけでよいためこの辺りは楽です。
 

メルカリには配送オプションがあり、ヤマト運輸や日本郵便との提携で国内7万か所の配送拠点から配送を行うことができます。配送料は全国一律になるためわかりやすく、一般配送料よりも割安で提供されています。
 

メルカリ(4385)上場と累計ダウンロード数
 

上記画像はメルカリアプリのダウンロード数と流通総額、登録monthly active usersを表しています。「monthly active users」とは月間における活動人数です。登録人数ではないところがポイントです。四半期ごとのデータになっておりどんどん伸び続けています。ただどこかで鈍化するはずです。
 

上場時期としても良いタイミングだと考えられます。現在の開示では赤字ですが今後の見通しなどを知りたいところです。大手予想のレポートや証券会社に聞くほかありません。初値予想の数値を仮条件段階で書き込み時に申込状況を書きますね。
 

メルカリ(4385)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 2,450円
仮条件 2,700円~3,000円
公開価格 6月11日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約997.5億円です。
オーバーアロットメントを含めると約1,067億円になります。国内募集と海外募集があるため国内募集だけを考えると18,936,900株とオーバーアロットメントの2,840,500株になる見込みです。日本のみの上場を考えると約533.5億円となります。
 

海外でのメルカリ評価はわかりませんが、国内において人気になると思います。将来のビジョンや黒字化するタイミングなどがわかれば投資をする方は多いはずです。
 

メルカリ(4385)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 18,159,500株
売出株数 22,554,800株
公開株式数 40,714,300株
OA売出 2,840,500株
引受幹事 大和証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
カブドットコム証券
SMBC日興証券
みずほ証券
野村證券
マネックス証券
SBI証券
岩井コスモ証券
極東証券

 

幹事構成はIPOに当選できそうなメンバーとなっています。大和証券や三菱UFJモルガン・スタンレー証券からのストレート当選もできそうです。さらに三菱UFJモルガン・スタンレー証券からの委託でカブドットコム証券にも大量の株が回ってきそうです。後期型IPO抽選を行っている企業なのでとりあえず申し込んでおきましょう。
 

SMBC日興証券からの申込みもいいのですが、今回は完全抽選を行っているマネックス証券からの申込みも当選確率が高そうです。幹事引受の100%を機械的に抽選するルールがポイントです!
 


 

 
会社設立は2013年2月、社長は山田進太郎氏(41歳)、本社は東京都港区六本木六丁目10番1号六本木ヒルズ森タワー18Fです。
従業員数は652名で臨時雇用者22名、平均年齢は30.3歳、平均勤続年数1.3年、平均年間給与約502万円となっています。連結従業員数は1,014人で臨時雇用28人です。
 

メルカリ(4385)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
山田 進太郎 40,842,730株 28.83%
ユナイテッド株式会社 15,000,000株 10.59%
富島 寛 10,200,000株 7.20%
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合 7,934,000株 5.60%
株式会社suadd 6,600,000株 4.66%
WiL Fund I, L.P. 6,066,780株 4.28%
イーストベンチャーズ投資事業有限責任組合 5,450,000株 3.85

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

グローバル・オファリングに関連して、売出人かつ貸株人である山田進太郎、売出人であるユナイテッド株式会社、富島寛、グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合、株式会社suadd、WiL Fund Ⅰ, L.P.、イーストベンチャーズ投資事業有限責任組合、グロービス4号ファンド投資事業有限責任組合、三井物産株式会社、Globis Fund IV, L.P.、石塚亮、テクノロジーベンチャーズ3号投資事業有限責任組合、株式会社日本政策投資銀行、鶴岡達也、胡華、GMO VenturePartners3投資事業有限責任組合、ジャパン・コインベスト投資事業有限責任組合、猪木俊宏、GMOペイメントゲートウェイ株式会社、石川篤、山田佐知子、Puneet Shah、Kevin Linn及びEunsun Yen、当社の株主である小泉文明、松山太河、日本郵政キャピタル株式会社、フォレストホールディングス合同会社、Erika Ocampo及びヤマト運輸株式会社、並びに当社の新株予約権者である山田進太郎、富島寛、石塚亮、小泉文明、鶴岡達也、胡華、濱田優貴、John Lagerling、Robin Clark、松本龍祐、青柳直樹、掛川紗矢香、長澤啓、山田和弘、五十川匡、伊藤錬、宮上佳子、伊豫健夫、名村卓、柄沢聡太郎、荻原裕太、森本茂樹、川嶋一矢、片岡慎也、田中慎司、城譲、益田尚、藤﨑研一朗及びその他役職員62名は、ジョイント・グローバル・コーディネーターに対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む。)後180日目(平成30年12月15日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、ジョイント・グローバル・コーディネーターの事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(但し、引受人の買取引受による国内売出し、海外売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等を除く。)を行わない旨を約束する書面を差し入れる予定であります。

 

メルカリIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
大和証券(主幹事) 7,953,500株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 7,006,700株
SMBC日興証券 1,704,300株
みずほ証券 1,439,200株
野村證券 662,800株
マネックス証券 56,800株
SBI証券 56,800株
岩井コスモ証券 37,900株
極東証券 18,900株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

メルカリIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 2,800円~3,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 4,200円
※仮条件発表後
 

メルカリIPOの大手初値予想

3,500円~4,000円

仮条件後 4,000円~4,500円
 

売上は前期比較で62.2%増になるため赤字縮小になればいいですね。それよりも事前人気が凄すぎで配分があるのか心配になります。予定したよりも多くの資金を使わないと難しそうなので全力で取りに行きます。
 

メルカリ(4385)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成27年5月08日~平成35年5月07日 1,385,000株
発行価格1円
平成27年12月28日~平成35年12月27日 2,495,000株
発行価格20円
平成28年2月01日~平成36年1月31日 100,000株
発行価格20円
平成28年8月21日~平成36年8月19日 1,695,000株
発行価格20円
平成28年12月23日~平成36年8月19日 1,960,000株
発行価格20円
平成26年12月22日~平成36年12月22日 752,000株
発行価格20円

 
ロックアップ期間は180日間(平成30年12月15日)となり、ロックアップ解除倍率の記載はありません。
また、ストックオプションが大量に発行されているため上記ではその一部を掲載しています。発行価格がかなり低いものが多く違和感があります。ベンチャーキャピタル出資も多いことから上場を基から意識していたのでしょう。
 

出資企業も資金の回収をしないといけない企業が多そうですからね。
時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の135,331,322株株から算出すると想定価格ベースで約3,316億円になります。
 

上場すると言われ時間がだいぶ経過しましたが、人気なのは間違いないでしょう。新興市場への上場になりますが、知名度は高く今後の収益構造次第では莫大な利益を生む可能性もあります。本当であれば利益を確保してからの上場が好ましいようにも思いますが、上場の資金をうまく利用してくれればと思います。
 

現段階では公開価格を超えてくると考えていますが、あとは地合いと仮条件設定でしょう。すでに個人投資家は盛り上がっているように思います。個人的にも数十万円の利益は確保したいと思っているため状況に合わせて申込をしたいと思います。あまりにも人気があるようならすべての口座から申込むほかありません!
 

tileltuku メルカリ(4385)IPOの幹事を引受けています! 【後期型IPOは狙い目】

岩井コスモ証券

※岩井コスモ証券のIPO抽選方法は後期型なので忘れる

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

ビットコイン仮想通貨について説明

Twitter始めました

このページの先頭へ