IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



トレードワークス(3997)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

トレードワークス(3997)IPOが新規上場承認されました。

証券システム事業を行っている企業で、投資家向けインターネット取引業務に対応したシステム「Trade Agent」を主力としている企業です。
情報通信業で吸収金額も想定ベースでOA含め約4.8億円規模なので初値は高くなると思います。
 


 

業 種 情報・通信業
上場市場 JASDAQスタンダード
公開予定 11月29日
BB期間 11月09日~11月15日
企業ホームページ http://www.tworks.co.jp/

 

【事業の内容】

証券システム開発事業とこれらに付帯するFX(外国為替証拠金取引)システム事業及びセキュリティ診断事業

 

【手取金の使途】

手取概算額359,000千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限57,960千円と合わせて、以下のとおり充当する予定であります。

①優秀な人材確保のための採用育成費及び人件費の増加分として175,000千円
②財務体質及び経営基盤の安定化のため、金融機関からの借入金及び社債の返済資金として105,000千円
③業務の効率化を目的としたシステム等への設備投資として70,000千円

 

トレードワークス(3997)IPOの業績と事業内容

証券会社などに対して商品を提供している企業です。
東京証券取引所よりISV(Independent Software Vendor)として認定された証券取引所売買端末「Mars Web」の取り扱いもありイメージは良いです。証券や金融だと初値人気が下がる傾向にありますが、情報・通信業なので人気化するでしょう。
 


 


 

業績は拡大傾向にあるため好調と言ってよいでしょう。
証券システム事業の収益が高く、取引先にはカブドットコム証券の名前もあります。今回の幹事に入っているエイチ・エス証券にもシステムを提供しています。
 

その他にも、FX(外国為替証拠金取引)システム事業があり使ったことがある方もいるでしょう。
TRAdING STUDIOで有料の情報もあります。
セキュリティー診断事業も手掛けているため初値期待が膨らみます!
 

トレードワークス(3997)IPO仮条件から公開価格の日程

仮条件 2,000円~2,200円
想定価格 2,000円
公開価格 11月16日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約4.2億円です。
オーバーアロットメントを含めると約4.8億円になります。
上場規模も小さいため人気化必須でしょうか~
 

目論見を見ると証券システムクラウドサービスもあります。
システム開発、自動診断ツールといいIPOのキーワードが多い企業となっています。
 

トレードワークス(3997)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 200,000株
売出株数 10,000株
公開株式数 210,000株
OA売出 31,500株
引受幹事 岡三証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・S証券
三木証券
日産証券
エイチ・エス証券
SBI証券
東洋証券
岩井コスモ証券
みずほ証券

 
岡三証券からの当選期待しかないでしょう。
口座を持っていない企業もあるため当選は厳しいと思います。当選すれば初値は2倍程度にはなるはずですから大きな利益です。
 

岡三オンライン証券の取り扱いはあると思うので、申し込みを忘れないようにしましょう。
前受け金不要でIPO抽選に参加できるため口座が無いと損です!
 


 
東京都千代田区一番町に本社があり、会社設立は1999年1月です。
社長は浅見勝弘氏、従業員数71人(臨時雇用6人)、平均年齢38.6歳、平均年間給与約582万円です。
 

トレードワークス(3997)IPOの初値予想


※株主の状況
 

【ロックアップ情報】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人及び貸株人である浅見勝弘並びに当社株主であるカブドットコム証券株式会社、スペース・ソルバ株式会社、三木証券株式会社及び中川秀夫は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成30年5月27日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。

また、当社株主である市川俊雄及び松葉祐司は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年2月26日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却は除く。)等は行わない旨合意しております。なお、ロックアップ対象株式は、上記株主が保有する当社株式のうち618,000株です。

 

トレードワークスIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
岡三証券(主幹事) 168,000株
三菱UFJモルガン・S証券 10,500株
三木証券 8,400株
日産証券 6,300株
エイチ・エス証券 4,200株
SBI証券 4,200株
東洋証券 4,200株
岩井コスモ証券 2,100株
みずほ証券 2,100株

※目論見の訂正事項発表後に記載します
 

トレードワークスIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 4,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 4,500円
※仮条件発表後
 

トレードワークスIPOの大手初値予想

4,800円を上限に予想!
 

トレードワークス(3997)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成30年12月28日~
平成37年12月27日
99,600株
発行価格380円

 
ロックアップ期間は90日間(平成30年2月26日)、180日間(平成30年5月27日)に分かれています。
ロックアップ解除倍率は90日に1.5倍適用です。
ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の1,020,000株から算出すると想定価格ベースで約20.4億円になります。
 

企業のネーミングも後押しするようなセカンダリー相場があると面白そうです。
三木証券や日産証券には口座がありません。
その代わり、カブドットコム証券と岡三オンライン証券から申し込みできそうです。

※カブドットコム証券と岡三オンライン証券でトレードワークスIPO取扱い決定しました
 

何としてもIPOに当選したいと考えていますが、申し込み忘れが無いように後期型を含め頑張ってみます。そろそろ大きいのが私のところに来てもいいんですけどね~
 

tileltuku IPO抽選に前受金不要で参加できる大切な企業! キャンペーンあり

岡三オンライン証券

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ