【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
STREAMアプリから口座開設するだけで5000円分の株が貰えます!!

STREAM(ストリーム)5,000円分の株が貰えるキャンペーン


丸三証券でIPOの当選をするには?IPO抽選ルール(マルサントレード)

丸三証券(マルサントレード)のIPOに当選するためにはまず証券口座を持つことです。わかり切っていますが、口座を持たないとIPOの抽選に参加する事ができません。
 

IPO取扱い数も増えているので口座開設を申し込んで準備だけでも行っておきましょう。案外IPOの取扱いが多く穴場証券だと思います。
 

丸三証券のIPOルール調査
 

⇒ 丸三証券公式サイトはこちら
 

抽選方法は1口座1抽選の平等抽選なので資金力による配分はありません。
 

注意したいのは抽選時に買付余力が必要なことです。ブックビルディング時点で資金拘束はありません。他の銘柄との重複申し込みも可能になりますが申込んだ銘柄で一番高い銘柄の買付け余力が必要になります。
 

ネット入金(送金)もリアルタイムで出来るのでシステムに不便なところはありません。また出金なども無料で、口座開設費用や維持管理などもすべて無料です。
 

丸三証券は東京都千代田区に本社があり明治43年創業の老舗企業で信頼は厚いです。
 

そもそも店頭系の企業で対面取引が主な取引になりますが、インターネット口座のマルサントレードにもIPO配分が行われます。配分は幹事引受の10%をインターネット口座へ配分するようになっています。
 

なので一般的に店頭系と言われる大手企業と配分傾向は同じなんです。幹事引受けも多くなっているためIPO投資に積極的な方は口座開設を行っておきましょう。
 
 


 


 

ネットでの当選報告も案外多いです。面倒でも抽選に参加していたほうがよいと思います。基本的に公開株数が多いIPO期待になると思います。
 

IPOを長年やっている人でも丸三証券の口座を持っていない人もいるくらいなので穴場口座と言ってよいと思います。直近でも引受け銘柄が多くなっていますからね。
 

私は4回くらいIPOに当選していて金額にすると55万円くらいだと思います。意外と自分でも当選できていると思います。IPO口座を作ったのもそんなに前ではありませんからね。
 

余裕資金がある程度ある方だと強い味方になりそうです。引受株数が多い時だけ参加するパターンでも良いと思います!
 

結局IPOは資金と証券口座の数を増やせば当選確率は高くなりますからね。
 

⇒ 丸三証券公式サイトはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ