DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
ライブスター証券IPO事前入金の必要がないため当選してから入金が可能!
抽選方法は1口座1抽選方式の完全平等抽選なんです。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ユニコーンに口座開設を行うだけでAmazonギフト券1000円が貰えます!

ユニコーンAmazonギフト券1000円

イークラウドでも口座開設でAmazonギフト券貰えます!
イークラウド


かんぽ生命保険IPOが追加当選~

かんぽ生命保険IPOが追加当選です。
ゆうちょ銀行は思ったほど当選しませんでした。
今日はまだ増えると思いますけど。笑。
 

かんぽ生命保険IPO利益
 

【ロイター】

ゆうちょ銀行(7182.T)、かんぽ生命保険(7181.T)は19日、新規株式公開(IPO)に伴う売出価格を発表した。ゆうちょ銀行は1株当たり1450円、かんぽ生命は2200円と、それぞれ仮条件の上限で決まった。仮条件はゆうちょ銀行が1250─1450円、かんぽ生命が1900─2200円だった。

両銘柄は投資家にとって、大幅な値上がりを期待するより持ち続けることで価値が高まる「資産銘柄」として位置づけられ、底堅く「静かな人気」(証券会社)があったという。ゆうちょ銀行、かんぽ生命ともに、配当利回り(今期予想ベース)がそれぞれ約3.3%、約2.5%と、日経平均株価.N225の対象銘柄より高いのが魅力となっている。

両社の親会社、日本郵政(6178.T)の売出価格は26日に決まる予定。日本郵政の売出価格が仮条件(1100─1400円)の上限で決まると、配当利回りは約3.2%となる見込み。

 
面白くなってきましたが日本郵政に関してはかなり少ない申込をしています。
まだ間に合うので検討してみよう!
10万円でもいいから利益が出ると時間を要した分ありますがどうかな?
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ