【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券1000円分貰えます!!

バンカーズ(Bankers)アマギフ

※バンカーズのアマギフ2000円分の詳細はこちら(最大9.7万円)


イーソル(4420)当選後にあきれる失敗で危うく購入忘れ

イーソル(4420)に運よく当選できました。ただ入金で失敗をしてしまい気が付かなかったら購入できないところでした。野村證券で当選していますが、旧ジョインベスト口座からの申し込みだったことが原因です。どちらも特定口座を申込んでいるのでログインしただけではどちらなのかわかりません。
 

イーソル(4420)IPO当選画像
 

野村證券のログイン後の画面は、野村證券と野村ネット&コールも同じなので勘違いしてしまいました。私は「野村ネット&コール」で当選していたのに、ATMで野村證券に入金していたため購入申し込みが出来ませんでした。ひょっとしてカードが同じ色の岡三証券に入金したのか?とも思いましたが、ATMのレシートはノムラと書かれています。
 

はて?と考えていたところ、入金先が違うことを思い出しました。ログイン後の画面が統一されたので申し込みをしている証券口座がわからなかったようです。というか、どちらから多く当選するのかを検証するために、たまに切り替えて申し込みを行っているため自分がわからなかっただけです。
 

何とか購入できる資金がネットバンクにありましたが、基本的に証券会社に多くの資金を預けているので少しあせりました。購入申し込み日は10月05日午後3時までなので結構ギリギリだった気がします。過去に入金が間に合わなくて当選分を購入できなかったことがあるため、あの時の悪夢がよみがえりました。
 

今回は、野村ネット&コールからの当選ですがかなり久しぶりの当選となります。ネットで当選している人は野村證券(ネット)からの申し込みが多いようですが、手数料に開きがあるので野村ネット&コールからの売却が安くなるはずです。
 

結局どちらからの申し込みが当選しやすいのかわからないままですが、手数料が高めの野村證券ネットのようなきがします。今回はレアでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ