【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
STREAMアプリから口座開設するだけで5000円分の株が貰えます!!

STREAM(ストリーム)5,000円分の株が貰えるキャンペーン


マツオカコーポレーションとSGホールディングス追加当選 【カブドットコム証券】

マツオカコーポレーションとSGホールディングスに当選しています。
SGホールディングスは追加当選になります。
 


 

たまには沢山頂いても良いですよね~
頼むから公開価格割れだけはしないでほしいと願うばかりです。市場の暴落も無さそうなので3,000円あたりまで上昇してくれると嬉しいです。
 

IPOはたまに沢山貰えますけど、損したら支店から電話はありません。利益が出たら電話がありますね~
商品を売りつけたい?だけだと思いますが、そんな手に乗るわけありません!
売れ残り商品を進められても私は買いたいと思わないのではっきりと断ります。でも他の話に持っていく話術も必要です。
 

SGホールディングス追加当選は後期型IPO採用のau カブコム証券

au カブコム証券の当選者が多かったSGホールディングスですが、私も当選していました。
メールが届くはずですが、知らないうちに削除していたのかもしれません。
一般信用売建銘柄を調べようとログインをしてみるとお金が少ない気がしたので、もしや?と思って調べると当選していました。
 


 

ネット情報では3割増しの初値が付く予想もでているため期待したいと思います。
ここ最近のIPOはバブル化しているため、SGホールディングスも少しだけ期待できそうです。
 

au カブコム証券などの後期型IPOはとりあえず申し込んでおこう

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事を引き受ける場合には基本的にau カブコム証券でもIPOの取扱いがあります。
今回のSGホールディングスの場合は共同主幹事だったことから、au カブコム証券への委託株数も多かったのではないでしょうか?
 


 

今回のようなチャンスを生かすためには、とりあえずIPOに申し込んでおいて地合いが悪化した場合は購入申し込みをしなければいいんです!
微妙な銘柄でもとりあえずブックビルディング申込だけはしておいた方がよいです。
他の後期型IPO抽選を採用している企業でも同じことが言えます。
 


 
上記の記事に後期型IPOについてまとめているので参考になればと思います。
後期型IPO採用企業は意外とあるんですよね~
ただし申し込みを2回しないといけないため非常に面倒で忘れがちです。何度も忘れていますが、今回は当選確率が高いと思っていたのでカレンダーに書き込んで忘れないようにしていました。
 

ある意味努力だと思いますが、12月IPOにはなぜか恵まれているようです。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ