【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
利回りくんの会員登録でAmazonギフト券2000円分貰えます!!

利回りくんキャンペーン

※バンカーズのアマギフ2000円分の詳細はこちら


楽天証券の無期限信用取引がついに登場!一般信用はスゲー楽

楽天証券の一般信用取り扱いが開始されています。
短期売建サービスと無期限売建サービスがあり今後他社を巻き込み拡大すると
考えています!
 


 

これにより何が起こるかというと、顧客の分散です。
既に一般信用取引が行われている、au カブコム証券SBI証券と肩を並べるほど拡大する可能性は高いです。
 

短期売建の場合は返済期限が14日間となり、SBI証券の5日よりもメリットがあります。
au カブコム証券と同じですが、あとは取扱い銘柄の差ですね。
各証券会社で株主優待をただもらい出来る、クロス優待はメジャーになりつつありますが、楽天証券でも同じ事ができてしまいます。
 


※拡大します
 

クロス取引(つなぎ売り)をする事により、現物と信用取引クロスができ、株主優待だけ貰う事ができます。逆日歩を気にする事無く手数料を支払えば株主優待が貰えるので、優待タダ貰いともいいます。
 

楽天証券でも一般信用の取扱があるのは、口座開設者にはかなりのメリットが生まれると思います。
購入時の手数料はいりますが、決済するときは現渡をすれば手数料も無料なので、超お勧めの株主優待取得方法です。
一般信用取引(無期限信用取引)は、信用口座を必要としますがメリットが多くあるので信用口座は持っていた方がいいです。優待抜きにして、下落局面で利益が出せる可能性が高いので必須ですね。
 

⇒ 楽天証券が選ばれる理由はこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ