IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
IPO口座が少なく幹事を引受ける見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ むさし証券でIPOの当選を狙うには?
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で15,000円】



日本郵政(6178)追加売出し電話あり!値動きが荒い

日本郵政(6178)が追加売出しを行います。
既に2社から連絡がありましたが、返事はしていません。多分皆さん同じだとは思いますが、今は様子見ですね。
 


 

【ブルームバーグ】

政府による日本郵政の1兆3000億円規模の株式売り出しで、主幹事各社の引き受けシェアの詳細が分かった。野村ホールディングスと大和証券グループ本社が同率トップで、それぞれ3500億円超を引き受ける計画だ。複数の関係者が明らかにした。

国内外で実施される日本郵政株の売り出しでは、大和証券と野村証券のシェアはそれぞれ約27%で、2社で過半の株式を個人と機関投資家に販売する。ゴールドマン・サックスがこれに続き、海外を中心に1400億円超、11%相当の株式を販売する見通しだ。関係者が情報が非公開だとして匿名で語った。

ブルームバーグの集計によれば、今回の政府による日本郵政株の売り出しは、1999年のNTT株の売り出し(1兆6000億円)に次ぐ規模で、2000年以降では最大の公募案件になる見通しだ。グローバルコーディネーターや主幹事は引受手数料を得るほか、これまで開拓できていなかった新規顧客を獲得できる可能性がある。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-11/OW41EL6KLVR401

 
価格決定日 9月25日~9月27日
売出方法は海外と国内の同時売出し
申込期日 売出価格等決定日の翌営業日から売出価格等決定日の2営業日後の日まで
受渡期日 売出価格等決定日の4営業日後の日

国内売出 731,150,100株
海外売出 182,787,500株
売出総数 929,169,900株

【幹事団】
大和証券
野村證券
ゴールドマン・サックス証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
 

日本郵政売出し株に参加しますか?

また、私は初めて売出しによるテレビCMを見ることになりそうですが、野村ホールディングス主体でCMが流れるそうです。IPO時の宣伝にも驚きましたが、売出で新規顧客を得たいみたいです。
 

投資をしている人は大体解ると思いますが、○○になるだけです。
ただ、私見になりますが売出価格を割ることはよほどのことが無い限りないでしょう。ロットを大きくして申し込む方も多いと思います。
 

ポジティブな内容としては、日経平均株価の構成銘柄定期入れ替えで日本郵政が新規に採用されたことです。すべては大人の事情で進んでいると思いますが、程々に参加したいと思います。そして1週間以内に売却が鉄板になるかもしれません。
 

1.3兆円規模なのでどの証券会社からもまとめて貰うことが出来ますけど、安定操作期間に上げてくると思うので○○にならないようにしましょう。色々と想定されることはありますが、上手い具合に逃げるのみですね。塩漬けには絶対にならないように策を練りたいと思います。100株とか200株の話ではなく、1000株単位の話ですけどね~

カブドットコム証券はネットでも取り扱いおこなわれる事が既に発表となっています!
 

tileltuku 株主優待クロス取引銘柄が多い企業⇒ カブドットコム証券


※カブドットコム証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

*

サブコンテンツ

貰えるタイアップ特典


 

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Twitter始めました

このページの先頭へ