【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券1000円分貰えます!!

バンカーズ(Bankers)アマギフ

※バンカーズのアマギフ2000円分の詳細はこちら(最大9.7万円)


日本郵政株が政府より追加売出し!株価は踏ん張るも1,200円目指すか?

日本郵政株が政府より追加売出しされることになりそうです。
前回の暴落を乗りきり株価が安定したと思ったら北朝鮮問題で、まだ追加売出しをするなってことかもですね?
 


※上場来チャート
 

【ロイター】

復興財源になるそうですが、ネットの書込みをみると評判は良くないみたいですね。投資をしていない方もたくさん書込んでいると思うので参考になるようでならないと思いますが、一般の方の考えは伝わってきます。
 

政府は、保有する日本郵政<6178.T>株1.4兆円を売却する方向で最終調整に入った。郵政が9月11日に売り出しを決議するのに併せ、発表する。売却予定額は2015年11月の新規公開時と同じ規模で、政府は、全額を東日本大震災の復興財源に充てる。

複数の関係筋が明らかにした。当初は1.3兆円を軸に売れ行きを見定め、需要次第で0.1兆円を追加で売り出す。追加売却を担当する幹事証券6社のうち、全体を統括するグローバルコーディネーター(GC)は野村、大和、ゴールドマン・サックスの3社。売り出しの決議後に投資家への営業を始め、売り出す株数や価格は9月25日から27日の間に正式に決める。

 

政府は2022年までに復興財源の4兆円を確保したいそうですが、日経平均が高値にいるもチャンスに恵まれません。トランプ大統領と中国の出方次第では暴落もあり得ますよね~
 


 

業績はハガキやゆうパック代金の値上げで多少利益は伸びると思いますが、日本郵政がドローンを使った配送を実現化すると言っているあれは大丈夫なのだろうか?失敗しないと良いのですが・・・
 

すでにドローンは出来ているので、試験的な配達が始まるそうですよ~
サムライインキュベートとの実証実験で試みるそうですが、そもそも安全なのだろうか?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/04/news100.html
 

人手が足りないそうですが、ドロンで大丈夫なのかな~
都会の上空にドローンが沢山飛んでいると人身事故も起きそうな気がしますけどね。
 

tileltuku IPOが完全平等抽選で前受金も要らない企業⇒ SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券

※SBIネオトレード証券IPO抽選ルールと当選の秘訣 【IPO抽選に資金不要】

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ