IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
SBIネオモバイル証券で「ひとかぶIPO」サービスが開始されます!1株からIPO抽選に参加できるチャンスなので詳細を記事でまとめました。

SBIネオモバイル証券ひとかぶIPO記事


ファンディーノ口座開設キャンペーン【Amazonギフト券プレゼント】

ファンディーノ口座開設キャンペーンが始まりました。投資家登録だけでAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。ファンディーノでは初めてのキャンペーンになると思います!
 

ただし先着1,000名様と公式サイトに書かれているため急いで申し込みを行ったほうが良さそうです。株式投資型クラウドファンディングを行う国内の企業でNO.1となっています。
 

ファンディーノ株式型クラウドファンディング
 

簡単に企業概要を説明するとこれから上場(IPO)やM&Aを目指す企業に先行投資ができます。上場を目出していてもM&Aなどのバイアウトにより株式を大手企業に買い取ってもらう事だってあるはずです。
 

既にバイアウトを行った企業も出始めていることから同社へ期待している投資家が増えています。そして今回のキャンペーンによりさらにエンジェル投資家が増えるはずです。
 

エンジェル投資家とは「創業間もない企業に資金を供給する投資家」を指します。同社へ口座開設を行うにも審査があるため審査に通らない方は口座開設ができません。
 

個人投資家が募集が行われるようになり、最近ではかなり投資家登録のハードルが下がっています。年収や資産などが関係するみたいです。会社務めされている方や一定の資産を持っている方の殆どは口座開設できるでしょう。
 

⇒ ファンディーノ公式サイトはこちら
 

未上場企業に投資を行うため上場するまで時間が掛かります。M&Aだと資金回収スパンは短くなると思います。どちらにしても投資した資金を回収することが投資家の目的になります。資産家の方は企業成長の過程を見ていく楽しさがあるそうです。
 

公式サイトやネット情報によれば数十の企業に投資を既に行っている投資家もいるそうです。投資を行うと企業から決算報告や株主総会の案内などが届きます。
 

しっかりした感じで同社が間に入り企業をサポートしていることがわかります。ファンディーノについては下記でまとめてみました。
 


 

ファンディーノキャンペーンの詳細を調べました

同社のキャンペーンはこれまで行われたことがないと思います。今回は「FUNDINNO クリスマスキャンペーン」となっています。キャンペーン期間が短いので気を付けてください。
 

ファンディーノ口座開設キャンペーン
 

項目 内容
キャンペーン期間 2019年12月5日~2019年12月25日
対象者 キャンペーン期間中にFUNDINNOで投資家登録を行い、アクティベートまで完了された先着1,000名のお客様
プレゼント商品 Amazonギフト券1,000円分
配布方法 1月中旬以降、当選者宛に1,000円分のAmazonギフト券を登録メールアドレスへ送る

 
投資家登録できた方に先着順でプレゼントするそうなので期待してよいと思います。たまに公式サイトを眺めていますがそこまで口座開設が増えている感じは現在のところないと思います。
 

ただしここ数日間で1,000人くらいは増えそうです。投資をすることを条件としていないためキャンペーンとしては簡単です。
 

アクティベートコードの入力とは同社の口座開設後に審査に通過した場合に発行される「コード」です。このコードを公式サイトに入力すれば投資家登録が完了します。
 

手順などについては同封されている書類に書かれています。同社に投資を行った場合にエンジェル税制に適用した募集が行われていた場合は税制上の優遇措置を受けることができます。
 

募集案件によりエンジェル税制が適用されたり適用されなかったりします。投資を行う前に確認ができるのでしっかり確認を行って投資を行いましょう。最低投資金は10万円前後の案件が多くなっています。また、法律により1案件に最高で50万円までしか投資できません。
 

これまでの普通株式の他にもFUNDINNO型新株予約権が加わりさらに投資を行える環境が良くなっています。
 

FUNDINNO型新株予約権は「投資先企業が新株予約権を取得し顧客が株式の交付」を始めに受ける権利があります。この辺りも公式サイトに詳しく書かれています。興味がある方は公式サイトの動画で確認してみてください。
 

これから上場する企業に直接投資が可能! ファンディーノで小額投資
⇒ ファンディーノ公式サイト

ファンディーノ評判と実績

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ