IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
IPO口座が少なく幹事を引受ける見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ むさし証券でIPOの当選を狙うには?
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で15,000円】



ゆうちょ銀行(7182)は永遠の底沼へ?日銀マイナス金利が影響

ゆうちょ銀行(7182)が公開価格を多きく割りました。

一旦は戻しましたが哀れな事です  Σ(|||▽||| )
今日の終りね1321円と激下げ中です。
 

IPO暴落
 

ニュースも出るほどですから日銀マイナス金利の影響はどこまで広がるのか?
資産株とまで言われた銘柄が哀れな事ですが、僕は既に全株を売却したので1000円で待ち構えています。笑。。
 

【ヤフーファイナンス】
 
今回、金利低下ネガティブ業種として銀行株が連日驚くほど売られている。その中に、これまで上場していなかった日本郵政 <6178> 、ゆうちょ銀行 <7182> 、かんぽ生命保険 <7181> の郵政3社が含まれるからシャレにならない。1日にはそろって上場来安値を更新し、ゆうちょ銀行に至っては公開価格も下回った。

業界挙げて、郵政3社の新規株式公開(IPO)で新しい口座の開設が進み、新しいおカネが入ってくると歓迎したのはつい3カ月前のこと。「株って3カ月持ったらこんなに損するの?」「資産株って聞いたんだけど……」というのが、今の街の声ではないだろうか。

それでなくても裾野が広がらない証券業界にとって願ってもないチャンスだったIPOのはずだが、これでいいのだろうか? 今年6月にはさいたまスーパーアリーナで初の株主総会を開催予定である。このままいけばアリーナはどうなるのだろうか。

 

ゆうちょ銀行は1450円の公開価格で初値は1680円です。
ちなみに、かんぽ生命(7181)は2200円公開価格の初値2929円!
日本郵政(6178)は1400円公開価格の初値1631円なので現在の株価でかんぽ生命しか公開価格を死守出来てないのです~
 

資産株がバーゲンセール真っ最中となります。
アベノミクスが続くのであれば今が買い時なのかもしれませんが、甘利さんがこの状況では厳しいですね。日銀もどこまで絶えれるのか解らないですから出来れば一旦逃げたいと個人的に思います。保有株を売却してしまって心機一転で臨みたいけど厳しいな~
 

tileltuku ヨシムラ・フード・HDのIPO副幹事引受決定⇒ むさし証券


※むさし証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

*

サブコンテンツ
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Twitter始めました

このページの先頭へ