IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ウェルスナビにタイアップ特典が付きました【驚異的なETF投資ができる】
ウェルスナビタイアップ

シストレ24で限定タイアップ特典が付きました!【3,000円増額中】
シストレ24タイアップ特典13,000円

むさし証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

むさし証券のIPOに当選する方法はトレジャーネット(インターネット)の口座を開設してIPOに申込む事です。しかも前受金が不要なので超穴場企業だと思います!口座開設者も少ないことから引受株数が多い場合には穴場証券になるでしょう。
 

むさし証券トレジャーネットIPO抽選ルール
 

むさし証券のインターネット口座はトレジャーネットと言います。このトレジャーネットの口座を開設することによりIPOの申込がインターネットから可能になります。
 

埼玉県を基盤にしている証券企業で東京や大阪にも支店があります。店舗数も22店舗もあり、インターネット口座は支店と別口座になります。インターネット口座は現物手数料も安く、信用金利も引き下げられており大手ネット証券と比較した場合にも引けを取りません。
 

むさし証券のIPO抽選ルール

トレジャーネット口座はインターネット部門になり、創業は大正8年からになる老舗企業です。インターネット部門は引受けの10%以上になります。
 

    【むさし証券のIPOルール詳細】

  • 前受金が不要でIPO抽選に参加できる
  • 1口座1抽選方式
  • 需要申告又は配分の申込みに番号を付し、その番号を対象に抽選
  • 機械的な抽選で誰にでもIPO当選チャンスはある
  • 大手企業に比べIPOに参加する方の口座数はかなり少ない
  • 当選した場合はお知らせメールが届く(落選の場合は無し)
  • リアルタイム入金があり入金が無料化できて出金も無料

 
IPO最大の特徴は、1口座1抽選方式の平等抽選になり前受金も必要ないことです!IPOに当選した後の売却手数料もかなり安いため、微妙な銘柄でも手数料負けを防ぐこともできるかもしれません。
 

むさし証券は外国株式に強い!

IPOとは関係がありませんが、むさし証券はベトナムやマレーシアなどの外国株式が得意です。中国株式などは東洋証券が強いと思いますが、むさし証券では投資信託ではなく直接「マレーシア証券取引所」や「ホーチミン証券取引所」で取引が可能です。
 


 

外国株式まで手が回る方は少ないと思いますが、取引をされてみたい方には強い見方になると思います。私は書いておきながら米国株式しかしてませんけど(汗)
 

色々と手を出していますが、余裕が出たら考えてみたいと思います。多分しないと思いますけどね。
 

むさし証券トレジャーネットIPOまとめ

IPO抽選は資金なしで抽選に参加でき、当選(補欠当選)の場合に入金をして購入申込をすれば良いです。また、預入資産に左右されず機械的に抽選が行われ誰にでも当選のチャンスがあります(補欠当選も採用)
 

幹事に入る事も度々ありIPO口座としては穴場証券と言われています。実際IPO口座は少ないので大手証券に比べると口座数もかなり少ないです。
 

IPOをするならば口座を開設しておきたい企業の一つです。銘柄によりますが幹事引受株数が多い場合にのみIPO抽選に申込む方法でも良いと思います!リアルタイム入金等も無料で大手とサービスは変わらない数少ない穴場証券です。
 

個人的には入金しっぱなしだったので資金効率が高まり、ありがたいの一言に尽きます。
 

IPO幹事や委託幹事を意外に引受ける前受け金不要証券⇒ むさし証券

むさし証券のIPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

フォリオ(FOLIO)の運用実績

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ