【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券1000円分貰えます!!

バンカーズ(Bankers)アマギフ

※バンカーズのアマギフ2000円分の詳細はこちら(最大9.7万円)


サムスンがバイオ薬新工場を870億円で始める。そしてIPOをする!

韓国のサムスンがバイオ薬新工場を建設しIPOをさせる話が出ています。
サムスンの事業はスマホと半導体は知っていましたが、その他にもやっていたようです。
 

サムスンIPO
 

【日本経済新聞】

韓国サムスングループは21日、8500億ウォン(約870億円)を投じ、バイオ医薬品を受託生産する新工場を建設すると発表した。生産能力は現状から倍増し、世界首位になる見通しだ。バイオ医薬品は2020年に約35兆円に育つとされる巨大市場。受託生産のほか、バイオ医薬品の後発品にあたる「バイオ後続品」の開発も加速する。主力のスマートフォン(スマホ)事業が失速したサムスン。バイオ医薬品はグループの屋台骨を支える事業に育つか。

サムスンは半導体で受託製造会社(ファウンドリー)が台頭したのと同様、バイオ医薬品も開発と生産の分業が進むと予測する。いまは製薬会社の自社生産が7~8割あるが、受託を増やせば事業規模はさらに増える。

受託生産と並ぶ事業の両輪が、バイオ後続品事業だ。米バイオジェンの出資を得て設立した開発会社、サムスンバイオエピスは12月、リウマチなどの関節炎治療薬の販売を韓国で始めた。欧州でも16年上半期中に発売する計画という。韓国のSK証券はバイオエピス社の売上高が22年に1兆2000億ウォン、営業利益は5400億ウォンになると見込む。バイオロジクスと単純合計すれば営業利益は1兆5400億ウォンで、スマートフォン(スマホ)などIT機器や半導体に次ぐ規模になる。

 
スマホや半導体、生保、家電、バイオ、建設などを手掛けているそうです。
畑違いの事を始めている様に思いますが、韓国を支える企業なので潰れる訳にはいきません。韓国は雇用の問題もですが経済の落ち込みが激しいので意気込みは半端ないでしょうね。
 

バイオは当たると大きいですが、日本では通用しないかもしれません。臨床実験とか段階を追って時間もかかりますが、国が違うとどうなるのだろうか?営業利益50%目標のようですが心配ですね~
朴大統領も応援しているようです。
 

IPOは2400億円規模らしいですが、韓国なのであまり関心はないです。
ともかく頑張ってください!
 

tileltuku ヨシムラ・フード・HDのIPO副幹事引受決定⇒ むさし証券

むさし証券
※むさし証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ