【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
利回りくんの会員登録でAmazonギフト券2000円分貰えます!!

利回りくんキャンペーン

※バンカーズのアマギフ2000円分の詳細はこちら


メイホーホールディングス(7369)の幹事引受け株数がわかりました

メイホーホールディングス(7369)の幹事引受け株数を調べていたらわかりました。東海東京証券が主幹事を引受けベンチャーキャピタル出資がないIPOになります。
 

想定発行価格ベースの吸収額は約7.8億円と小粒なので需給の不安はありません。仮条件発表は5月17日なのでまだ先です。
 

メイホーホールディングス(7369)のIPO幹事引受け
 

幹事団引受け株数割合
東海東京証券(主幹事)363,700株90.02%
野村證券12,100株3.00%
SMBC日興証券8,100株2.00%
SBI証券8,100株2.00%
岡三証券4,000株0.99%
安藤証券4,000株0.99%
水戸証券4,000株0.99%

 
株主状況を確認すると代表取締役の尾松豪紀氏が62.49%を保有し、取締役の河合清明氏が16.96%保有しています。この2人で79.45%になります。さらに取締役が複数人いるためほぼ公開株式しか上場後に流通しないでしょう。
 

セカンダリーは狙いやすいと思います。ただ事業がIPOでは人気が見込めない分野なんですよね。
 

でも最近は地味なIPOのほうが買われるためセカンダリー人気がわかりづらいです。今回は微妙ですよね。
 

紀文食品(2933)やテスホールディングス(5074)など地味系の企業にも資金が入っています。表示灯(7368)は東証2部でも買われていますからね。
 

初値後は微妙な銘柄もありますが、2021年のIPOは1つも公開価格割れがないため強気で攻めて良さそうです。
 

ただ公開株数が少ないため申し込んでも当選確率は低そうです。そこが悩みですよね。想定発行価格1,670円からPERを計算すると8.01倍と低いようです。
 

とにかく今回も申込を徹底しておくしかありません!
 

日本初!Tポイント投資ができる証券会社 毎月200P還元で管理料20円だけ
⇒ SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券

※SBIネオモバイル証券のTポイント投資について徹底的に調べて記事を作成しました

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ