IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモIPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
LINE証券口座開設で現金1,000円と2,100円相当の株が貰えます。さらにLINE FXで1取引すれば5,000円キャッシュバック!合計で約8,000円以上GETです。

LINE証券


モダリス(4883)IPOの委託幹事を発見!初値予想と幹事配分も調べました

モダリス(4883)IPOの委託幹事を発見しました。また、初値予想が上方修正されているため当選狙いで良さそうです。
 

少し不安だったバイオ株でしたが機関投資家の評価が高いため積極的にIPOの抽選参加で良さそうです。株数も多いため当選すれば嬉しいですよね。
 

モダリス(4883)IPO幹事配分と初値予想
 

公開株式数が2,700,000株ありオーバーアロットメントが405,000株あります。想定発行価格は820円でしたが、仮条件範囲が1,000円~1,200円に決定しています。強気すぎる価格設定だと考えていましたがどうやら機関投資家に人気が高いようです。
 

技術は凄いらしいですけど臨床試験に入る製薬がないのに大丈夫なの?どこで評価をするの?と思うところがあります。しかし、そんなことよりも黒字バイオという事や新奇性などの話題性で買われるようです。
 

幹事引受けは以下のようになっています。
 

幹事団引受け株数割合
みずほ証券(主幹事)2,025,000株75.00%
SBI証券297,000株11.00%
SMBC日興証券297,000株11.00%
いちよし証券40,500株1.50%
エース証券40,500株1.50%

 
そして委託幹事を探していると上記証券会社とは別にマネックス証券でモダリスIPOの取扱いが行われていました。どの程度引受けているのかわかりませんが口座を開設している方は申込んでおきましょう。
 

当選すればラッキーです!ただ銘柄別に前受け金が必要になるため資金がないと抽選に参加できません。委託経由だと気が付かない投資家も多いので穴場になることがあります。
 

今回はSun Asterisk(4053)の幹事を引き受けているので気が付いた方も多いかもしれません。IPO抽選ルールは別記事で調べています。
 


 
この他ではDMM.com証券でモダリスのIPO取り扱いが決定しています。委託経由の販売がたまにあるため口座を開設しておくとチャンスを逃がさないと思います。
 

DMM.com証券はマネックス証券と異なり前受け金が必要ありません。資金不要でIPO抽選に参加できると言うことです。資金が乏しい方でIPO抽選に参加してみたい方は口座を開設しておきましょう。
 

やはり資金が必要な証券会社のほうがIPOに当選しやすいと思います。しかし抽選に参加している誰かが当選しているので申し込める証券会社からは参加しておくべきだと思います。
 

1回の当選で10万円くらい儲かるIPOは投資リスクが低いので長く続けることができますからね。
 


 
また大手初値予想は1,200円~2,000円でしたが、修正値が発表され2,700円~3,700円になっているそうです。
 

フィスコなどでも初値予想が上方修正されたようなのでモダリス(4883)に期待したいと思います。IPOが途切れる8月なので初値後の値動きも期待したいと思います。
 

しばらく前にセルソース(4880)という黒字バイオと騒がれた銘柄があります。しばらく前に公開価格2,230円株の10倍の株価にタッチしていました。もしかして黒字バイオ意識で超絶盛り上がるIPOなのかもしれません。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ