IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
トライオートFXのタイアップキャンペーンで「Amazonギフト券2,000円」が上乗せになりました。実際に運用しているけどプラスで推移です!

トライオートFXタイアップキャンペーン


ピー・ビーシステムズ幹事配分の詳細!主幹事でも当選できない理由

ピー・ビーシステムズ(4447)の幹事配分がわかりました。福岡証券取引所のQ-Boardに上場する地方銘柄になるため上場規模も約3.3億円と小さいIPOです。主幹事の割合を確認してみると82%で172,200株となっています。
 

しかも抽選に回る株数は引受株数の10%程度になると推測されるため17,200株あたりになりそうです。172人の枠を巡って壮絶なバトルが行われそうです!
 

エイチ・エス証券幹事引受け配分の画像
 

3月に上場したIPOにおいてエイチ・エス証券引受けデータでは10.5%~12.5%の範囲で個人投資家へ抽選が行われています。日本国土開発(1887)とダイコー通産(7673)は委託幹事になるようです。
 

基本的に日本証券業界に加盟している企業はIPO引受株数の10%以上を抽選に回すことになっています。ピー・ビーシステムズはせっかくの主幹事でしたが公開株数が少なく当選するには厳しい状況です。
 

幹事団 引受け株数 割合
エイチ・エス証券(主幹事) 172,200株 82.00%
SBI証券 21,000株 10.00%
FFG証券 8,400株 4.00%
西日本シティーTT証券 2,100株 1.00%
岡三証券 2,100株 1.00%
東洋証券 2,100株 1.00%
エース証券 2,100株 1.00%

 
想定発行価格は1,370円になり時価総額は約17.9億円です。初値は2倍あたりを予想していますがIPOへ資金が流れれば翌日持ち越しになることも考えられそうです。
 

クラウドやRPA、そしてVRなどの事業を行っていることから期待できそうです。売上は14億円~16億円とまだ規模は小さいようですが今期は売上17.7億円を超えてくるそうです。EPSは108.20になるそうなので想定ペースのPERは12.66倍になります。PBRは暫定的に計算してみると5.2倍あたりになるようです。
 

四半期利益が12.6億円予想なので第3四半期実績から400万円しか伸びないのは少し疑問です。仮条件決定日が8月22日なのでまだ時間があります。地合い改善となり主幹事が強気で攻めてくるのか見ものです。
 

ピー・ビーシステムズIPOの販売実績
 

指標から考えると仮条件引き上げは十分考えられると思います。ただ地方上場なので流入する資金も少なくなるため初値2倍あたりが上限になる気がします。現在のところ初値予想は2,000円~3,000円を予想しているようです。
 

IPOでは人気化しやすいクラウド系、さらにシトリックス・システムズ・ジャパン認定者が従業員に多く仮想化技術企業として評価が高いそうです。ターゲット層は中堅企業向けになりセキュアクラウドシステム事業が売上の99.6%を占めています。
 

前回エイチ・エス証券が主幹事を務めた大英産業(2974)は公開価格1,520円に対して初値は-12.5%の1,330円でした。上場日は6月04日、そして現在も公開価格割れが続いています。
 

今回は名誉挽回になると思いますがIPO空白期間があるため初値2.3倍以上で初値持越しも期待したいですよね。また、岡三オンライン証券からピー・ビーシステムズIPO取扱いが正式に発表されました。前受け金不要なので落選覚悟で申し込んでおきましょう!
 

tileltuku 前受け金不要でIPO抽選に参加できる企業⇒ 岡三オンライン証券

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ