IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

ソフトバンクIPO仮条件は1,500円に決定!上場規模は2.65兆円吸収だぜ

ソフトバンクIPOの仮条件が1,500円に決定しました。しかも東証から発表された数値は1,500円1本となっています。そんな銘柄に今まで出会ったことがないため驚いています。公式サイトでも同じように書かれているため間違いありません。
 

公式サイトによると売出し株数やオーバーアロットメント数などの変更は行われないようです。また国内募集と海外募集の数値も変更が行われないようです。日程についても変更は行われていません。機関投資家のロードショーも順調だったと考えてよさそうです。
 

ソフトバンク仮条件決定
 

公募株数 0株
売出株数 1,603,693,700株
公開株式数 1,603,693,700株
国内募集1,427,287,400株
海外募集176,406,300株
OA売出 160,369,400株
引受幹事 野村證券(共同主幹事)
大和証券(共同主幹事)
SMBC日興証券(共同主幹事)
みずほ証券(共同主幹事)
SBI証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・S証券(共同主幹事)

カブドットコム証券
岡三証券
岡三オンライン証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
水戸証券
西日本シティTT証券
松井証券
マネックス証券
あかつき証券

 

【仮条件決定の理由】

2018年11月12日開催の当社取締役会において承認いたしました株式の売出しにつきまして、ブックビルディングの仮条件等が未定でありましたが、本日開催の取締役会において、下記のとおり承認する旨決議いたしましたので、お知らせいたします。

今後、業界の競争環境、法規制の改正等によって業績が変動する可能性がある。以上の評価に加え、個人投資家及び機関投資家の需要分析、現在のマーケット環境等の状況や、最近の新規上場株のマーケットにおける評価、及び上場日までの期間における価格変動リスク等を総合的に検討した結果、仮条件は1,500円が妥当であると判断いたしました。
※ソフトバンク公式サイトIRを一部抜粋

 

既にご存知の方も多いみたいですが、店頭では既に1倍を超えた需要がありこれから参加をしても多くの配分は厳しいようです。特にD証券やM証券は埋まってしまったとの話を聞きました、N証券は知りませんが引受株数が多いためまだいける?
 

こうなったらネットからの申し込みを中心に行い3,000株くらいは欲しくなります。既に万株単位で配分確定しているかたもいるそうですが、普段の付き合いがこのようなときの差につながります。そんなにお金がないため支店配分は1,000株くらいあればよいのかもしれませんね。
 

下記はソフトバンク上場の詳細記事になります。この記事に大手予想などを書き込んでいます。


 

幹事団 引受け株数
野村證券(共同主幹事) 358,820,000株
大和証券(共同主幹事) 286,314,000株
SMBC日興証券(共同主幹事) 229,079,600株
みずほ証券(共同主幹事) 229,079,600株
SBI証券(共同主幹事) 105,476,500株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事) 178,981,800株

 

上記は今回の共同主幹事の株数になりますが、この株が既に品薄状態なのか?まじかよ?と言う方は多いはずです。でもこれから頑張って口座を開設すればネット証券だと間に合うかもしれません。仮に間に合わなくても上場する銘柄が多くあるため最後まで参加すれば手にできる銘柄もあるかもしれません。高確率抽選になる銘柄もポツポツありますからね。
 

個人配分狙いだと大和証券やSBI証券からの申し込みは当選確率が高そうです。SBI証券はIPOチャレンジポイントを使えば300株~500株くらい当選できるかも?口座を持っている方は複数当選狙いで資金を多めに入れておきましょう。期待できそうです!
 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券からの委託販売でカブドットコム証券からも抽選に参加できるため申し込みをする予定です。日本郵政グループ上場時のように当選を頂けるかもしれません。結構期待しています。
 


 
IPO口座数が少ないと思われる松井証券なんかも申し込みをしておいて損はないでしょう。仮条件が1,500円に決定したため参加者は多いと思われるため、抽選に参加できる証券会社からの申し込みをガンガン行うつもりです。岡三オンライン証券も今回の上場ラッシュで当選者が続出?するような気がしています。
 

仮条件上振れの話が出ていて心配していましたが、1,500円仮条件だと本当に初値1,650円~1,800円あたりまで行くのかもしれません。強弱の予想がでていますが、個人投資家が全力参加になるとなかなか当選できないかもしれません。全く当選できないとは考えていませんが、多めに申込まないと当選できない気がしてきました。
 

他のIPOを控えめに申し込んでソフトバンクに注力する方も出てきそうですが、店頭配分が厳しい方はネット証券を大いに活用しましょう。私もその部類に入ります。店頭にお金を最近落としていませんからね。マネックス証券のように完全抽選を行ってくれる企業の活用もお忘れなく!
 

tileltuku ソフトバンク(9434)幹事も完全抽選で当選期待です⇒ マネックス証券

※マネックス証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ