IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



トレードワークス(3997)の株価がとんでもない【上場2日目も初値付かず】

トレードワークス(3997)が上場したのは11月29日です。
岡三証券が主幹事を務める案件です。
今日は上場2日目ですが初値付かなかったようですね。びっくり仰天とはこのことです!
 


 

【モーニングスター社】

IPO(新規上場)のトレードワークス<3997.T>が上場2日目も売買成立せず。初値形成を3日目以降に持ち越した。気配値は公開価格2200円の5.29倍に相当する1万1640円まで上昇した。

証券システムやFX(外国為替証拠金取引)システムの開発などを手掛ける。上場初日は買い注文殺到で売買が成立せず。気配値を5060円まで上昇させていた。30日も買いの勢いは変わらず。上場初日に売買が成立しなかったことで買い付け資金即日徴収などの規制が入ったが、売り注文が限られる中で気配値を上昇させる展開を続けた。

 
こんなことはいついらい?
と思いますが、3日目まで持ち越すことは珍しいと言えます。
 

トレードワークス上場3日目の気配運用はどうなっているのか?

東京証券取引所の開示情報によれば、3日目の初値決定前の気配運用は板中心値段が11,640円です。
今日の終値から始まります、なんと上限方向が26,780円まで上昇することになっています。
 

更新値幅が590円で更新時間10分です。
10分で5.9万円も上がるのかよって話ですが、公開価格は2,200円ですからバケモンですね。
 

気配的にさらに上昇しそうですが、なぜそこまで買い気配があるのか?作為的なものなのか?解りませんがIPOに当選された方おめでとうございます。
私も先日サインポストに当選しましたが、なんか微妙な気分です。
 

幸和製作所(7807)はストップ高に!

幸和製作所(7807)がストップ高になっている。
IPOバブルが起きてます。
こちらは上場2日目ですが、出来高も131,100株と少ないままストップ高へ!
 


 

始値は10,600円とここで既に高いですね。
そしてすぐにストップに張り付いています。
逆にポエック(9264)やクックビズ(6558)などは下落していて強弱が付いています。
 

先が読めないと参加しにくいですが、需給なんて読めたら億万長者です。
セカンダリー相場は好きな人に参加させておいて、地道に公募株を狙って利益を上げましょう!
小粒銘柄が盛り上がってSGホールディングスに飛び火してほしいですね。
 

がっぽり30万円くらい目指していますけど、無理ですかね。
ドル円もなんとか112円台に回復しているので、次のメーンはアメリカ・FRB政策金利でしょう~
全体的に頑張ってくれるとETFにも恩恵があると思います。
 


 

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ