【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券2000円分貰えます!!

バンカーズAmazonギフト券キャンペーン

※キャンペーンの詳細はこちらでまとめています


ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)IPOの上場承認。大和証券が来た!

ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)IPOが上場承認されました。
設備投資をするようなので今後も利益が拡大するといいですね~
 

ヨシムラ・フード・ホールディングスIPO
 

業 種食料品
上場市場東証マザーズ
公開予定3月04日予定
BB期間2月18日~2月24日
仮条件2月16日
想定価格850円
公開価格
公募株数300,000株
売出株数0株
公開株式数300,000株
OA売出45,000株
引受幹事大和証券
むさし証券
みずほ証券
SMBCフレンド証券
SBI証券
高木証券
水戸証券
三木証券

 

【事業の内容】

当社グループは、当社、連結子会社8社および非連結子会社1社により構成されております。当社は、食品の製造および販売をおこなう中小企業の支援・活性化を目的とし、持株会社として、グループ全社の経営戦略の立案・実行および経営管理をおこなうとともに、子会社に対し、営業、製造、商品開発、品質管理、経営管理といった機能ごとに支援および統括をおこなっております。当社の統括により、各子会社の“強み”を伸ばし、“弱み”を補い合う仕組み「中小企業支援プラットフォーム」を構築しております。

 

ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)IPO初値予想
 

単体業績と連結業績の差があり過ぎる企業ですね。
大きくマイナス利益になっているのは上場を意識した処理なのかもですね~
企業を買収して子会社化している企業みたいですが中小企業側からも良い案件になる可能性もこの事業にはあります。後継者の問題もありますが専門業を子会社化して経営における多方面の課題解決が出来るのは良いです。
 

会社設立は2008年と若い企業になり社長は吉村元久氏51歳です。
連結事業の従業員は269名もいます。
ただ単体の従業員数は15人しかおらず年収は約690万円あるそうです。
年齢の平均は40.5歳となっていますね~
 

ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)IPOロックアップと株主
 

ベンチャーキャピタルが沢山いるので少し警戒したい銘柄です。
ただ吸収金額がオーバーアロットメントを含めて約2.93億円なので初値2倍は狙えるかもしれません!!セカンダリーは怖いので入らないけどIPO当選はしたい銘柄です。株数も少ないのでいいです!
 

ロックアップは90日間となっていてロックアップ解除は1.5倍と記されています。それにむさし証券が幹事上位に入っているので今年もたくさんIPOを取り扱って欲しい企業です。主幹事も近そうですね!
 

tileltuku ヨシムラ・フード・ホールディングスIPO幹事引受決定⇒ むさし証券

むさし証券
※むさし証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ