IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



ロードスターキャピタル(3482)IPOがマザーズへ新規上場承認 【クラウドファンディングIPOだね】

ロードスターキャピタル(3482)IPOが東証マザーズへ新規上場承認されました。

クラウドファンディングを行う企業は数あれど、評判が昔から良かったので上場は好印象です!不動産業を東京都内を中心に行っている他、不動産特化型クラウドファンディングサービスを行っています。
 

 

業 種 不動産業
上場市場 東証マザーズ
公開予定 9月28日予定
BB期間 9月11日~9月15日
仮条件 9月08日
想定価格 1,820円
公開価格 9月19日
公募株数 740,000株
売出株数 360,000株
公開株式数 1,100,000株
OA売出 165,000株
引受幹事 みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
岡三証券
岩井コスモ証券
エース証券
丸三証券
※岡三オンライン証券委託取扱決まる

 

【事業内容】

当社グループの企業集団は、当社及び連結子会社(ロードスターファンディング株式会社)の計2社で構成されており、オフィスビル等への不動産自己投資を中心に、不動産賃貸事業(以下、不動産投資事業及び不動産賃貸事業を合わせて「コーポレートファンディング事業」という。)、不動産特化型のクラウドファンディング(注1)事業、不動産仲介・コンサルティング事業、及び不動産アセットマネジメント事業を展開しております。

 


 

不動産投資事業では東京23区内のオフィスビルを取得しリノベーション等を行い稼働率を向上させています。規模としては数億円から30億円前後の中規模オフィスビルを手掛け、他社が取り扱わないような案件も積極的に購入しているようです。
 
クラウドファンディング事業ではOwnersBook(オーナーズブック)という不動産に特化したクラウドファンディングサービスの提供を行っています。
インターネットを通じて個人投資家が1口1万円から投資が出来るサービスを構築しています。その人気は高く会員数や累積金額の伸びは今後も期待できそうです。
 

ポイント 後期型IPO申込のメリットは何なのか?証券会社別の資金活用

⇒ ライブスター証券IPO抽選ルールと当選の秘訣 【IPO抽選に資金不要】
⇒ IPO抽選が完全抽選方式のマネックス証券が凄い理由
 

ロードスターキャピタル初値予想とIPO分析をざっくり考えてみる

東京都中央区銀座に本社を置き、会社設立は2012年3月、社長は岩野達志氏です。日本不動産に入社後4年後にゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパンに入社、その後1社を経てロードスターキャピタル代表取締役社長になっています。
従業員数24人で平均年齢41.2歳、平均勤続年数は1.7年で平均年間給与約607万円です。
 


 

【ロックアップの状況】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である岩野達志、売出人であるRenren Lianhe Holdings、森田泰弘及び中川由紀子(戸籍上の氏名:佐藤由紀子)は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の2017年12月26日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。

 
ロックアップは90日間でロックアップ解除倍率は1.5倍です。
株主名簿を見るとベンチャーキャピタル出資は無いようです。しばらくは業績も好調だと思うのでIPO段階でも人気になる銘柄だと思います。
 

市場からの吸収金額は約20億円、オーバーアロットメントを含めると約23億円になり上場規模は荷もたれ感が出てくるところです。しかし、クラウドファンディング事業という新規性が加わる事で初値後の値動きにも期待が出来ると思います。優良レポートでも似たような事を書いてるでしょうしね~
 

上場日の翌日には大注目銘柄のマネーフォワード(3994)が控えているので、当日の初値形成が一番良いでしょうね。初値予想もロックアップの1.5倍~2倍で落ち着くかな?SMBC日興証券だと両方取り扱っていますし、マネーフワードは主幹事なのでIPOを申込には当選確率が高めだと思うのでお勧めです。
 

tileltuku マネーフォワード(3994)主幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

コメントを残す

CAPTCHA


*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ