IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

アズ企画設計(3490)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

アズ企画設計(3490)IPOがJASDAQスタンダードへ新規上場承認です。2018年初めてのJASDAQ銘柄で、主幹事はみずほ証券です。
事業は取得した不動産をリノベーションし、不動産投資家へ販売しています。実際の販売物件を覗いてみると3億円~5億円の物件が掲載されています。その利回りは3%~7.54%でした。
 

アズ企画設計(3490)IPO上場分析
 

不動産を取得しても新しくなければ修繕費がかさむため難しいと思います。一時期2,000万円程度の物件でシュミレーションをしましたが、管理会社にお金を落とすだけだと思ってやめました。額が違いますけどね。
 

上場規模はオーバーロットを合わせて約6.7億円、株数は約31万株です。時価総額も低いですが、収益もこれからの企業ですね。
 

業 種 不動産業
上場市場 JASDAQスタンダード
公開予定 3月29日
BB期間 3月12日~3月16日
企業ホームページ https://www.azplan.co.jp/
事業の内容 不動産の売買、賃貸借、管理

 

【手取金の使途】

手取概算額389,440千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限80,481千円と合わせた、手取金概算額合計上限469,921千円について、全額を不動産販売事業における販売用不動産の取得費用に充当する予定であります。本手取金の充当時期につきましては、機動的な物件取得に活用するという目的から特定の時期や物件内容を明示することはできませんが、平成31年2月期中に充当する方針であります。

 

アズ企画設計(3490)IPOの業績と事業内容

業績面の不安は多少ありますが、売り上げが伸びているためそれほど不安とは言えない感じです。PERは想定価格算出で9.6倍程度になるようですね。PER的に割安だと思うので初値2倍でも問題はないのかもしれません。
 

アズ企画設計(3490)業績と財務表
 

事業規模が小さいため何かあれば即収益悪化となりそうです。リノベーションを自社で行っているようですが従業員54人での対応ができるのか疑問です。目論見をみると不動産管理事業は12人で臨時職員が6人なので外注なんでしょうね。
 

アズ企画設計(3490)事業別売上
 

レジデンスやホテルなどの取り扱いもあるようです。
収益の多くは、改善を要する中古不動産を取得し、リーシング(賃貸募集活動)やリノベーション(主に間取り変更を伴う内装工事)を行い不動産投資家へ販売されています。
 

その他にも、リニューアルすることで高収益が見込める中古不動産を不動産オーナーより借り上げ、施設利用者へ転貸しています。東北地方においては、土地所有者から土地を賃借したうえで借地上にビジネスホテルを建設し、ホテル運営会社の協力のもとホテル施設の運営を行ったりしています。
 

アズ企画設計(3490)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 2,160円
仮条件 2,060円~2,160円
公開価格 3月19日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約5.8億円です。
オーバーアロットメントを含めると約6.7億円になります。
 

上場規模が小さく買い需要は多そうです。類似企業も多数ありますが、JASDAQということで安定している感じがあります。そういえばマザーズとジャスダックが統合するようはな話が出ていましたが、JPX(日本取引所グループ)は否定しているようですね。
 

アズ企画設計(3490)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 200,000株
売出株数 70,000株
公開株式数 270,000株
OA売出 40,500株
引受幹事 みずほ証券(主幹事)
野村証券
SBI証券
岡三証券 岡三オンライン証券
東海東京証券
丸三証券
水戸証券

 

みずほ証券とSMBC日興証券主幹事が多いですね。どちらも毎年当選していますが、マネックス証券や大和証券あたりの主幹事だと面白いんですけどね。岡三証券や東海東京証券でも!
 


 

 
会社設立は1989年4月と実績があります。社長は松本俊人氏で会社住所は埼玉県川口市塚2丁目です。
従業員は37人で平均年齢33.1歳、平均勤続年数2.8年、平均年間給与約495万円です(臨時雇用者数17人)
 

アズ企画設計(3490)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
松本 俊人 500,000株 60.24%
合同会社ヒトプラン 200,000株 24.10%
株式会社アズ企画設計 100,000株 12.05%
小尾 誠 7,500株 0.90%
磯部 和夫 4,000株 0.48%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である松本俊人及び当社株主である合同会社ヒトプランは、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の平成30年9月24日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。

 

アズ企画設計IPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
みずほ証券(主幹事) 243,000株
野村證券 8,100株
SBI証券 8,100株
岡三証券 2,700株
東海東京証券 2,700株
丸三証券 2,700-株
水戸証券 2,700株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

アズ企画設計IPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 4,100円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 4,900円
※仮条件発表後
 

アズ企画設計IPOの大手初値予想

4,000円~4,500円
 

アズ企画設計(3490)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成31年1月17日~
平成37年1月16日
30,000株
発行価格192円

 
ロックアップ期間は180日間でロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。
ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。ベンチャーキャピタル出資もなく需給への不安はありません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の900,000株から算出すると想定価格ベースで約19.4億円になります。
 

上場近辺の市場動向次第では初値翌日持ち越しもあり得そうな銘柄です。本来なら1.5倍程度だと思いますが、私の予想は1.9倍です。3月中頃に上場を予定しているIPOでいくつか不安な銘柄があるため、水を差さないことを願っています。
 

インヴァスト証券のシストレ24タイアップ特典! 最大で13,000円プレゼント

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ