岡三オンライン証券タイアップ IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
マネックス証券IPO 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ

岡三オンライン証券タイアップ特典付きました!!【3,000円GET】
岡三オンライン証券タイアップセンター

ビープラッツ(4381)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

ビープラッツ(4381)IPOが新規上場承認されました。自社開発のBplats®(ビープラッツ)とクラウドサービスを展開している企業になります。IPOでは初値高騰でおなじみのパターンになりそうな企業ですが、業績が赤字になっています。それでもトータル的な判断は大きく初値が伸びてくると思います。
 

ビープラッツ(4381)IPO新規上場
 

野村證券案件で株数が少ないためIPO当選は難しそうです。
10億円程度の吸収であれば期待できますが、約3.2億円の吸収は少ないですね。想定価格が1,860円なのでそれなりに利益は出そうですけど、当選期待が低いと残念としか言いようがありません。
 

他のIPOに注力すると思いますが、野村證券と資金が重複しても申込できる企業からは忘れずに申込ですね。
 

業 種 情報・通信業
上場市場 マザーズ
公開予定 4月04日
BB期間 3月15日~3月22日
企業ホームページ http://www.bplats.co.jp/
事業の内容 継続課金の販売・管理プラットフォームの提供

 

【手取金の使途】

手取概算額166,120千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限38,502千円と合わせて、全額をソフトウエア開発に係る設備資金として以下に充当する予定であります。

ソフトウエア開発
サブスクリプション事業の拡大を図るための自社プロダクト(Bplats®)の開発に係る資金として、平成31年3月期に全額を充当する予定であります。資金の具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定であります。

 

ビープラッツ(4381)IPOの業績と事業内容

一貫したサブスクリプションビジネスのためのプラットフォームシステム「Bplats®」を開発し、それを基に効率的にサブスクリプションビジネスの創出・転換を行うことを加速させ、日本の各産業の成長に貢献することを事業の目的としているそうです。でも赤字じゃん。
 

ビープラッツ(4381)IPOの業績推移
 

ラインナップには2種類あり、販売店や代理店のピラミッドで構成されるような大規模な売買エコシステムに対応した「Bplats®Channel Edition」、事業者が売り手でもあり買い手でもあり、販売者が買い手でもあり売り手でもあるようなより柔軟で有機的な売買モデルの構築が可能な「Bplats®Platform Edition」があります。
 

インターネットの世界は情報を制したものが勝つ?と言われる中で、IoTやビッグデータなどから導く答えを活用できる企業が生き残ると言われます。技術革新にともない対応ができない企業は衰退し、消えることになりかねません。

ただ同社のようなビジネスモデルは数多く存在しているため、生き残るにも必死でしょう。世の中に必要な企業だと思いますが、顧客の奪い合いにもつながります。上場すれば一気に知名度が上がるため、収益のチャンスです。

ビープラッツIPOの事業の役割
 

この手の事業は波に乗ることができれば大きな利益を生むと思うため、しばらく状況を見守るしかないでしょう。初値は多分良いと思うため参加だけはしておきます。
 

ビープラッツ(4381)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 1,860円
仮条件 1,950円~2,200円
公開価格 3月23日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約2.8億円です。
オーバーアロットメントを含めると約3.2億円になります。上場規模が小さく事業もIPOに好まれる業種なので人気は高いと思います。
 

赤字なのはかなり気になりますが、過去のIPOを見ても小粒上場だと心配はいらないでしょう。そんなもんですね。
 

ビープラッツ(4381)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 100,000株
売出株数 50,000株
公開株式数 150,000株
OA売出 22,500株
引受幹事 野村證券(主幹事)
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
いちよし証券
エース証券
丸三証券

 

当期利益が2期連続の赤字となりそうなので、絶対に大丈夫とは言えませんが資金吸収が軽いため初値2倍は越えてくるのではないかと感じます。株数が少ないことで売圧力が低いという流れですね。VCが多いためロックアップ1.5倍以上は気にかけておくべきでしょう。
 


 

 
会社設立は2006年11月、本社は東京都千代田区内神田三丁目にあります。社長は藤田健治氏で自社株保有率が15.23%となっています。
従業員の数は41人、平均年齢35.0歳、平均勤続年数2.7年、平均年間給与約482万円となっています。
 

ビープラッツ(4381)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
Globis Fund III, L.P. 247,820株 22.20%
藤田 健治 170,000株 15.23%
東京センチュリー株式会社 160,000株 14.33%
篠崎 明 101,000株 9.05%
宮崎 琢磨 101,000株 9.05%
Globis Fund III(B), L.P. 69,700株 6.24%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人かつ売出人である藤田健治並びに売出人である篠崎明及び宮崎琢磨並びに当社株主である東京センチュリー株式会社、株式会社Showcase Capital、株式会社ネットワールド、Growth Tree Ltd、花輪正一、TKSパートナーズ株式会社、岩澤英樹、片山美枝子、任力及び斉藤純一は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年7月2日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨を合意しております。

また、売出人であるGlobis Fund III, L.P.及びGlobis Fund III (B), L.P.並びに当社株主であるNVCC8号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年7月2日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く。)を行わない旨を合意しております。

 

ビープラッツIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
野村證券(主幹事) 127,500株
みずほ証券 9,000株
SMBC日興証券 3,000株
SBI証券 3,000株
マネックス証券 3,000株
いちよし証券 1,500株
エース証券 1,500株
丸三証券 1,500株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

ビープラッツIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 2,800円~3,700円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 4,800円
※仮条件発表後
 

ビープラッツIPOの大手初値予想

3,900円~4,500円

4,400円~5,100円にUP!
 

ビープラッツ(4381)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成26年12月29日~
平成33年12月25日
25,200株
発行価格725円
平成28年6月28日~
平成36年6月24日
25,400株
発行価格725円
平成30年4月01日~
平成38年3月22日
40,300株
発行価格850円
平成31年3月18日~
平成39年3月14日
10,200株
発行価格1,300円
平成31年9月21日~
平成39年9月14日
5,900株
発行価格2,500円

 
ロックアップは90日間、ロックアップ解除倍率が売出人に対して1.5倍となっています。想定ベースで2,790円になります。
ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。上場に際し関係してくるのは約5万株と比較的軽めです。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の1,109,480株から算出すると想定価格ベースで約20.6億円になります。
 

上場した資金を基に大きな利益を出せる状況まで業績が改善すると一気に株価も上昇しそうです。インタネットを使った媒体は赤字でも高い株価を維持している企業もあり、提携企業なども材料としてあります。面白い展開を期待したいですね。
 

tileltuku 富裕層が使うロボアドバイザー運用が出来る⇒ ウェルスナビ

※Wealthnavi(ウェルスナビ)の評判や評価は本当なの? 【投資実績記録】

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

ビットコイン仮想通貨について説明

Twitter始めました

このページの先頭へ