【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトはPR記事を含みます

【評価】カドス・コーポレーション(211A)IPOの上場と初値予想

カドス・コーポレーション(211A)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はスタンダード市場で主幹事はSMBC日興証券が引受けます。
 

上場規模は約14.1億円で公開株数430,000株、オーバーアロットメント64,500株です。想定発行価格は2,850円になっています。
 

カドス・コーポレーション(211A)IPOの上場と初値予想
 

業 種建設業
上場市場スタンダード市場
上場日7月18日
BB期間7月02日~7月08日
企業ホームページhttps://cados.jp/
事業内容土地活用の提案から設計・施工までトータルプロデュースすることにより、流通店舗の建築工事を受注する建設事業及び当該店舗等をテナント企業に賃貸する不動産事業

 

カドス・コーポレーション(211A)IPOの業績と事業内容

同社は建設事業と不動産事業の2つを柱とする事業展開を行っています。
 

建設事業として山口県と広島県を中心に流通店舗の設計施工を行っています。
 

不動産事業は建設事業の営業活動の中で土地オーナーとテナント企業とのニーズがマッチングしないケースがあることから、両社の間に入り双方のニーズをつなぎ合わせることで案件を成立させています。
 

カドス・コーポレーション(211A)の業績
 

カドス・コーポレーション(211A)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格2,850円
仮条件2,850円~2,900円
公開価格7月09日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約12.3億円です。オーバーアロットメントを含めると約14.1億円になります。
 

上場規模的には問題がないと思います。ただIPOでは人気が低い建設業です。
 

カドス・コーポレーション(211A)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数198,000株
売出株数232,000株
公開株式数430,000株
OA売出64,500株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
野村證券
大和証券
SBI証券
東海東京証券
ひろぎん証券
委託見込大和コネクト証券
SBIネオトレード証券
DMM.com証券

 
当選確率自体はそれほど高くないと思います。ただしIPO人気が低迷しているため株価設定が高めの銘柄は不参加組が多くなります。
 

そんなに儲かるようなIPOではありませんからね。
 

会社設立は1999年2月01日、本社住所は山口県山口市小郡黄金町7番17号、社長は工藤博丈氏(53歳)です。※2024年6月15日時点
 

従業員数は97人、平均年齢45.2歳、平均勤続年数6.1年、平均年間給与約672万円です。
 

カドス・コーポレーション(211A)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社ネクストライト240,000株28.09%
株式会社せんじゅ240,000株28.09%
杉田 茂樹181,800株21.28%
カドス・コーポレーション従業員持株会55,800株6.53%
工藤 博丈15,000株1.76%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2025年1月13日)でロックアップ解除倍率設定はありません。ファンド出資もありません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)387,000株90.00%
野村證券21,500株5.00%
大和証券8,600株2.00%
SBI証券4,300株1.00%
東海東京証券4,300株1.00%
ひろぎん証券4,300株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 3,000円~3,300円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 3,050円~3,250円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

カドス・コーポレーションの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想2,800円~3,200円
修正値3,000円前後
 

地方の建築不動産会社のため資金流入が限られるようです。上場タイミング的にIPOに資金が戻りつつあるため公開価格割れは考えられていないようです。
 

配当利回りが競合よりも低いためデメリットもあるようです。ただ割安な株価設定となっていることから公開価格割れはなさそうです。PERは5.7倍と競合に比べかなり低いです。
 

上場規模は約14.3億円に決定、この規模なら吸収してしまうと思います。地味企業に資金が集まることもありますからね。
 

事業内容よりも割安な株価となっていることである程度資金が入りそうです。建設費用上昇のため収益悪化となることも考えられますが競合よりも収益性が高いと観測されています。
 

独自性ある事業とも表現されているようです。公開価格割れはないみたいなのでBBに参加しておきます。
 

カドス・コーポレーション(211A)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2021年7月01日~2029年5月31日104,400株
発行価格334円

 
ロックアップは180日間で解除倍率設定はありません。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。104,400株が行使期限入りしています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の948,000株から算出すると想定価格ベースで約27.0億円になります。
 

ファンド案件じゃないだけで安心しますよね。業績はしっかりしているため公開価格割れはないと思います。
 

SMBC日興証券からの申込みで当選を狙いましょう。店頭系幹事ばかりなので割れることは想定していません。
 

握力が強い個人投資家に配分があると思います。売は限定的でしょうね。
 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ