岡三オンライン証券タイアップ IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
マネックス証券IPO 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ

岡三オンライン証券タイアップ特典付きました!!【3,000円GET】
岡三オンライン証券タイアップセンター

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(6575)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(6575)が東証マザーズへ新規上場承認されました。人材派遣を行う企業になりますが、少し特殊のようです。経営層やシニアマネジメント層、上級専門職に特化した人材派遣を行っています。その他には、メンタルヘルス対策を
行い従業員へのストレス対処などを行う事業があります。
 

ストレスを抱え込む人が多くなり、大手企業では心理カウンセラーを雇用したり外部から導入することも多いくなっていると聞きます。そう考えると需要は拡大しそうですね。
 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPO上場
 

上場規模はオーバーアロットメントを含め12億円弱となっています。また売出し株が多くなっていますが問題はないと思います。筆頭株主が大和PIパートナーズになっているため、どこかで大きく売ってくるはずです。ファンドは資金回収が目的ですからね~
 

それを考慮しても初値は高くなると思います。ぜひ当選したいですね!
 

業 種 サービス業
上場市場 マザーズ
公開予定 4月10日
BB期間 3月26日~3月30日
企業ホームページ https://www.humanassociates.com/
事業の内容 人材紹介事業、メンタルヘルスケア事業

 

【手取金の使途】

手取概算額217,560千円については、全額を以下の設備投資資金に充当する予定であります。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

①人材紹介事業において、候補者の利便性向上を目的とした候補者獲得のための自社チャネルの確立及び情報セキュリティ強化を目的とした販売システム内製化のためのシステム開発に係る投資資金として

②メンタルヘルスケア事業において、利用者の利便性向上を目的としたストレスチェックシステムの全面改修に係るシステム投資資金として

③メンタルヘルスケア事業における、新規顧客開拓を目的とした拠点展開のため、大阪支店の増設に係る設備投資資金として平成31年3月期に7,000千円及び名古屋支店の新設に係る設備投資資金として

④人材紹介事業における、新規顧客開拓を目的とした拠点展開のため、大阪支店の新設に係る設備投資資金として

⑤事業拡大に伴う人員増加に対応するための本社移転に係る設備投資資金として

 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOの業績と事業内容

人材紹介事業とメンタルヘルスケア事業を行っている企業になり、同社と連結子会社5社で組織構成されています。
 

人材紹介事業は、AIMSインターナショナルジャパン、A・ヒューマン及びOptia Partnersが昭和22年施行の「職業安定法」に基づく厚生労働大臣の「有料職業紹介事業」の許可を受け運営。求職者が企業に入社した時点で企業から成功報酬を受け取る成功報酬型契約と、契約時や求職者の紹介時等あらかじめ契約により定められたサービスの提供の都度収益が発生するリテーナー契約(エグゼクティブ層向けの独占契約)により収益を得ています。
 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPO業績画像
 

メンタルヘルスケア事業は、連結子会社であるヒューマン・フロンティアがメンタルヘルス対策事業を行ってています。ヒューマン・フロンティアでは、メンタルヘルス対策を一次予防(不調者発生予防)、二次予防(早期発見・早期対応)、三次予防(復職後の再発防止)と定義し、ワンストップサービスを展開しています。
 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスの事業系統図
 

今後の事業展開としては、積極的な採用活動及び人材育成に注力し、個々のスキルアップを図ることでコンサルタント1人当たりの生産性の向上を図るそうです。メンタルヘルスケアでは競合社との差別化となっています。
 

新規事業の展開もあり、企業に対して高付加価値な人事機能サービスを一括して提供する、ソリューション提供型人材サービスの「ワンストップショッピング」を実現することをグループ方針としているそうです。自社での対応だけに捉われず、戦略的M&Aなど柔軟かつスピーディに対応することも視野にいれているそうです。実現すののかは別問題ですが、できそうな気がします。
 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 1,040円
仮条件 1,040円~1,170円
公開価格 4月02日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約10.2億円です。
オーバーアロットメントを含めると約11.8億円になります。マザーズ上場としては荷もたれ感はないほうでしょう。
 

少し特殊な事業と、AIMS Internationalとの業務提携などにより底堅い人気があるような気がします。業績も好調に推移していることから買い需要は多いと思います。
 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 214,000株
売出株数 770,000株
公開株式数 984,000株
OA売出 147,600株
引受幹事 大和証券(主幹事)
SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三証券 岡三オンライン証券
東海東京証券
東洋証券

 

大和証券主幹事なので個人投資家への配分期待は高いでしょう。売出し株中心のIPOとなりますが、人気になると考えています。人材紹介事業とメンタルヘルスケア事業の売上割合は同じくらいなので、今後も安定した業績が見込めそうです。
 

岩井コスモ証券が後期型IPO取扱として幹事入りしています。その他には後期型IPO申込はありません。
 


 
会社設立は1990年3月、東京都港区芝に本社があり、社長は渡部昭彦氏です。大和PIパートナーズが筆頭株主となっているため社長の保有率が低く15.17%となっています。
 

従業員数16人平均年齢47.9歳、平均勤続年数3.4年、平均年間給与約573万円となっています。連結では従業員が111人(臨時雇用6人)です。
 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(6575)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
大和PIパートナーズ 1,994,000株 65.42%
渡部 昭彦 462,460株 15.17%
神沢 裕 236,436株 7.76%
ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 44,000株 1.44%
髙橋 英樹 31,000株 1.02%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ当社株主である大和PIパートナーズ株式会社、並びに当社の株主である渡部昭彦、神沢裕、髙橋英樹、大松尊、阿部正之、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス従業員持株会、中田陽一及び藤堂誠は、共同主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後180日目(平成30年10月6日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、共同主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びグリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を大和証券株式会社が取得すること等を除く。)を行わない旨を合意しております。

当社の第1回新株予約権を保有する当社取締役3名、当社従業員5名、子会社取締役4名及び子会社従業員56名は、共同主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(平成30年7月8日)までの期間中は共同主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社新株予約権及び新株予約権の行使により取得した当社普通株式の売却等(ただし、新株予約権行使により取得した当社普通株式の売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、大和証券株式会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。

 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
大和証券(主幹事) 442,800株
SMBC日興証券 442,800株
みずほ証券 19,700株
SBI証券 19,700株
いちよし証券 14,800株
岩井コスモ証券 14,800株
岡三証券 9,800株
東海東京証券 9,800株
東洋証券 9,800株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 1,800円~2,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,600円
※仮条件発表後
 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOの大手初値予想

2,300円~2,600円

2,400円~2,700円にUP!
 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成30年3月12日~
平成38年3月04日
129,200株
発行価格337円
平成31年1月20日~
平成39年1月16日
88,736株
発行価格800円
平成31年2月23日~
平成39年2月15日
5,400株
発行価格800円
平成31年11月23日~
平成39年11月14日
42,800株
発行価格850円

 
ロックアップは90日間と180日間に分かれていて、90日間のほうにロック解除1.5倍が設定されています。基本的に会社関係者は務めている間の売却は難しいはずです。
ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,952,000株から算出すると想定価格ベースで約30.7億円になります。
 

初値2倍が視野に入ると考えていますが、大手予想はどこに注目してくるのか楽しみです。コンサルタントなども行っているためちょっと期待したい銘柄です。初値が高くなければセカンダリーもよさそうですね。
 

tileltuku 完全平等抽選の企業で資金に左右されない⇒ マネックス証券

マネックス証券468バナー

※マネックス証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

ビットコイン仮想通貨について説明

Twitter始めました

このページの先頭へ