【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
融資型クラファン大手のFunds(ファンズ)に68万円投資してみました!!

Funds

インフォメティス上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

インフォメティス(5030)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はみずほ証券が引受けます。
 

上場規模は約49.4億円で公開株数3,735,400株、オーバーアロットメント560,300株です。想定発行価格は1,150円になっています。
 

インフォメティス上場とIPO初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日上場中止
BB期間4月08日~4月14日
企業ホームページhttps://www.informetis.com/
事業の内容エナジー・インフォマティクス事業(独自の電力センサーの開発・販売、データマイニング、エネルギーデータ等を利活用するための独自IoTデータプラットフォーム及びアプリケーションの提供並びにエネルギーデータ等を利活用した新サービスの創出)

 

インフォメティス(5030)IPOの業績と事業内容

業績は赤字傾向みたいなので初値買い需要は低そうです。情報通信業でも厳しそうです。
 

インフォメティス(5030)IPOの業績
 

インフォメティス(5030)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,150円
仮条件4月06日
公開価格4月15日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約40.3億円です。オーバーアロットメントを含めると約49.4億円になります。
 

業績もここ数年は赤字なので厳しそうですね。今期も赤字見込みなので人気はなさそうです。
 

インフォメティス(5030)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数1,040,000株
売出株数2,695,400株
公開株式数3,735,400株
OA売出560,300株
引受幹事みずほ証券(主幹事)
SBI証券
楽天証券
東海東京証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
東洋証券
松井証券
マネックス証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
IPOには参加しない方向で考えています。利益見込みは低いと思います。
 

従業員数は43人(臨時雇用者0人)、平均年齢39.8歳、平均勤続年数3.7年、平均年間給与約728万円です。
 

インフォメティス(5030)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合3,099,920株77.05%
ジャフコグループ株式会社269,400株6.70%
IEファスト&エクセレント投資事業有限責任組合89,300株2.22%
株式会社日立製作所80,400株2.00%
日本郵政キャピタル株式会社71,420株1.78%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップはVC等に90日間(2022年7月23日)になります。その他の株主には180日間(2022年10月21日)となっています。ロックアップ解除倍率は設定が行われていません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
みずほ証券(主幹事)3,362,400株90.01%
SBI証券153,900株4.12%
楽天証券153,900株4.12%
東海東京証券18,700株0.50%
いちよし証券9,300株0.25%
岩井コスモ証券9,300株0.25%
東洋証券9,300株0.25%
松井証券9,300株0.25%
マネックス証券9,300株0.25%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,000円~1,150円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 未
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

インフォメティスの初値予想をリサーチして記載します。
 

仮条件後に記載予定
 

インフォメティス(5030)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2015年8月01日~2023年7月15日4,000株
発行価格500円
2017年7月01日~2023年7月15日2,000株
発行価格500円
2023年3月31日~2031年3月30日1,700株
発行価格5,434円
2023年12月01日~2031年11月30日151,900株
発行価格2,800円
2023年12月01日~2031年11月30日24,000株
発行価格2,800円

 
ロックアップは90日間と180日間です。需要は少ない思っています。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。6,000株が行使期限に入ります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の4,879,720株から算出すると想定価格ベースで約56.1億円になります。
 

このIPOは人気がないと思うので個人的にはスルーすると思います。利益見込みは小さいでしょう。VC保有株多いですからね。
 

前受け金不要でIPO抽選に参加できる企業が増えました⇒ 松井証券

※松井証券のIPO抽選ルール詳細と当選するための秘訣

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ